ニュース
» 2007年09月28日 12時06分 公開

GIGABYTE、nForce 560チップセット搭載のSocket AM2対応ローエンドマザー「GA-M56S-S3」

リンクスインターナショナルは、GIGABYTE製Socket AM2対応ATXマザーボード「GA-M56S-S3」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo GA-M56S-S3

 リンクスインターナショナルは9月28日、GIGABYTE製Socket AM2対応ATXマザーボード「GA-M56S-S3」の取り扱いを発表、9月29日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万3200円前後。

 GA-M56S-S3は、チップセットとしてnVIDIA nForce 560を採用したSocket AM2対応マザーボードで、メモリスロットはDDR2スロットを4本装備、最大16Gバイトまで搭載可能。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×4を装備、ストレージはSerial ATA II×4(RAID-0/1/5/10対応)、IDE×1を装備する。

 リアパネルインタフェースはUSB 2.0×4、IEEE1394a×1、8チャンネルオーディオ、ギガビット対応LAN、PS/2×2などを利用できる。

関連キーワード

マザーボード | ギガバイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう