ニュース
» 2007年10月03日 15時16分 公開

コーレル、家庭用向け写真加工機能を強化したフォトレタッチソフト最新版「Ulead PhotoImpact X3」

コーレルは、同社製フォトレタッチソフト「PhotoImpact」シリーズの最新版「Ulead PhotoImpact X3」を発表した。ホームユース向けのフォトコラージュ機能の強化などがなされている。

[ITmedia]
photo Ulead PhotoImpact X3

 コーレルは、同社製フォトレタッチソフト「PhotoImpact」シリーズの最新版「Ulead PhotoImpact X3」を発表、11月9日より発売する。価格は通常版が1万5540円、ダウンロード版が9240円(双方税込み)。

 PhotoImpactシリーズの最新タイトルとなる本製品では、新機能としてホームユース向けの写真加工機能を搭載。画像を組み合わせて漫画風のストーリー画像を作れる「コミックストリップテンプレート」や、複数の写真を美しく配置する「フォトコラージュテンプレート」、デジカメ写真からオリジナルカレンダーを作成できる「カレンダーウィザード」などが利用可能となった。

 RAWファイルのサポートも強化されており、元画像はそのままに思い通りの現像結果を得ることが可能。各色24ビット/48ビット出力にも対応している。

 対応OSはWindows XP/Vista。

関連キーワード

RAW | デジタルカメラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう