PC USER Pro
ニュース
» 2007年10月16日 12時08分 公開

富士通、Core 2 Quad搭載のミッドレンジWS「CELSIUS N460」発表

富士通は、同社製PCワークステーション「CELSIUS」のミッドレンジモデル新製品「CELSIUS N460」を発表した。

[ITmedia]
photo CELSIUS N460

 富士通は10月16日、同社製PCワークステーション「CELSIUS」のミッドレンジモデル新製品「CELSIUS N460」を発表した。出荷時期は11月上旬、標準構成価格はCore 2 Duo E4500搭載時で17万2000円、Core 2 Quad Q6700搭載時で25万8000円。

 CELSIUS N460は、マザーボードにIntel X38 Expressチップセット搭載製品を採用するデスクトップワークステーションで、CPUとしてCore 2 E4500/E6550/E6850、Core 2 Quad Q6700を搭載できる。メモリはDDR2 ECCメモリを最大8Gバイト、HDDはSerial ATA HDDを最大1.2Tバイトを装備可能。グラフィックスカードは、Quadro FX 1500/FX 3500/FX 4600を選択できる。

 セキュリティ機能として、TCGセキュリティチップを標準装備するほか、USBポートや光学ドライブの利用を無効とする情報漏洩対策ソフト「Portshutter」を添付した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう