ニュース
» 2007年10月18日 14時18分 公開

プラネックス、ギガビット有線ポート装備の11n対応無線LANルータ「MZK-W04G」

プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11n Draft 2.0対応の無線LANルータ「MZK-W04G」を発表した。

[ITmedia]
photo MZK-W04G

 プラネックスコミュニケーションズはこのほど、IEEE802.11n Draft 2.0対応の無線LANルータ「MZK-W04G」を発表、11月上旬より発売する。価格は2万6800円(税込み)。

 MZK-W04Gは、IEEE802.11g/bおよびIEEE802.11n Draft 2.0に対応する無線LANルータで、ルータ/アクセスポイントの機能切り替えをスイッチ一つで実行可能。無線LAN設定機能のWPS(Wi-Fi Protected Setup)にも対応している。

 そのほかの機能は同社製有線LANルータ「MZK-04G」にほぼ準じており、ギガビット対応LANポートを4基装備。USB外付けHDDを用いることにより、BitTorrentダウンロード機能やiTunesサーバ機能、ファイルサーバ機能などを利用することが可能で、DLNA v1.0準拠のホームサーバ機能も利用できる。

関連キーワード

IEEE 802.11n | ルータ | 無線LAN | DLNA | iTunes


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう