ニュース
» 2007年10月25日 11時49分 公開

ワコム、液晶ディスプレイ機能を備える12.1インチワイドペンタブレット「Cintiq 12WX」

ワコムは、液晶ディスプレイ機能内蔵のペンタブレット「Cintiq」シリーズの新モデル「Cintiq 12WX」を発表した。

[ITmedia]
photo Cintiq 12WX

 ワコムは10月25日、液晶ディスプレイ機能内蔵のペンタブレット「Cintiq」シリーズの新モデル「Cintiq 12WX」を発表、11月16日より発売を開始する(本日より受注を開始)。価格はオープン、予想実売価格は13万9800円(税込み)。

 Cintiq 12WXは、1280×800ドット表示対応の12.1インチ液晶ディスプレイ機能を備えるプロフェッショナル志向の液晶ペンタブレットで、「Intuos3」シリーズの高度なタブレット機能を継承。1024レベルの筆圧感知機能や、±60レベルの傾き検出機能などを利用できる。

 本体左右には、ワンタッチでショートカットや画面操作を行える「エプスプレスパッド」を装備。計10個のファンクションキーのほか、画面の拡大縮小/スクロールなどを行えるトラックパッドを装備している。

 本体サイズは405.2(幅)×269.7(奥行き)×17(高さ)ミリの省スペース筐体を採用。作業に応じて、本体のチルト角度を30度/65度/90度の3段階に切り替えることができる(ペン入力は65度/90度のときに可能)。接続インタフェースはUSBおよびDVI×1、アナログD-Sub×1を装備。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista、Mac OS X 10.3.9以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう