ニュース
» 2007年11月21日 13時32分 公開

アイ・オー、コンパクト筐体採用のギガビット対応NAS「HDL-GS」シリーズ

アイ・オー・データ機器は、エントリークラスのギガビット接続対応NAS「HDL-GS」シリーズ計4製品を発表した。

[ITmedia]
photo HDL-GSシリーズ

 アイ・オー・データ機器は11月21日、エントリークラスのギガビット接続対応NAS「HDL-GS」シリーズ計4製品を発表、12月中旬より発売する。価格は250Gバイトモデルの「HDL-GS250」が2万3200円、320Gバイトモデルの「HDL-GS320」が2万5300円、500Gバイトモデルの「HDL-GS500」が2万9600円、1Tバイトモデルの「HDL-GS1.0T」が7万110円。

 HDL-GSシリーズは、幅約42ミリの薄型コンパクト筐体を採用するNASで、ギガビット接続に対応。背面には拡張用USBポートを装備しており、デジカメやメモリカードリーダーを接続することでデータを自動コピーできるほか、USB外付けHDDを接続してのバックアップ/復元も行える。

 標準でiTunesサーバ機能を備えるほか、DLNAサーバ機能も装備。また、フォルダ間の同期バックアップを行えるソフト「Sync with」も同梱されている。本体サイズは42(幅)×195(奥行き)×147(高さ)ミリ、重量は約1.4キロ。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista、Mac OS X 10.2.8〜10.5。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう