PC USER Pro
ニュース
» 2007年12月05日 15時38分 公開

声の特徴を自動学習する議事録用の音声認識ソフト「VoiceGraphy」――NEC

NECとNECソフトウェア北海道は、学習機能により認識制度を向上可能な議事録作成支援用の音声認識ソフト「VoiceGraphy V1.1」を発表した。

[ITmedia]
photo VoiceGraphy V1.1

 NECとNECソフトウェア北海道は12月5日、学習機能により認識制度を向上可能な議事録作成支援用の音声認識ソフト「VoiceGraphy V1.1」を発表、本日より発売を開始する。価格は音声認識サーバが180万円、データ管理サーバが60万円、編集ツールが60万円。顧客用辞書(言語モデル)が300万円からとなっている。

 VoiceGraphy V1.1は、同社製な議事録作成支援ソフト「VoiceGraphy」の最新版で、新たに国内初と鳴る自動学習機能を装備。声の特徴を自動的に学習することで認識精度を自動的に向上できるほか、「誰の発言か」を音声で特定することで、議事録中の発言者名を自動記録する機能も装備した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう