ニュース
» 2007年12月17日 12時15分 公開

Antec、横置きHTPCケース「FUSION」のマイナーチェンジモデル

リンクスインターナショナルは、横置き対応のリビング向け静音PCケース「FUSION」の新型番モデル「FUSION/430(V2)」を発表した。搭載電源が80PLUS認証タイプのものに変更されている。

[ITmedia]
photo FUSION/430(V2)

 リンクスインターナショナルは12月17日、横置き対応のリビング向け静音PCケース「FUSION」の新型番モデル「FUSION/430(V2)」を発表、12月22日より発売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は3万円前後。

 FUSION/430(V2)は、横置きHTPCケース「FUSION」のマイナーチェンジモデル。搭載電源をリニューアルしており、「FUSION Black」と同じく80PLUS認証/ATX12V v2.2対応モデルとなる430ワット電源「EA-430」を装備した。

 そのほかの基本スペックは従来モデル同様。静音性能を高める三部構造を採用しているほか、フロントパネル左側にはWindows MCE対応のVFDディスプレイを、右側にはボリュームコントローラを内蔵している。搭載可能マザーはmicroATXマザーで、利用可能ドライブベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドー×4。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう