ニュース
» 2008年07月25日 15時04分 公開

ENERMAX、新開発“ツイスターベアリング”採用の静音12センチ角ファン3モデル

リンクスインターナショナルは、ENERMAX製の静音12センチ角ファン「EVEREST UCEV12」「CLUSTER UCCL12」「MAGMA UCMA12」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは7月25日、ENERMAX製の静音12センチ角ファン「EVEREST UCEV12」「CLUSTER UCCL12」「MAGMA UCMA12」の取り扱いを発表、7月26日より発売する。価格はオープン、予想実売価格はともに2180円前後だ。

photophotophoto EVEREST UCEV12(左)、CLUSTER UCCL12(中)、MAGMA UCMA12(右)  ファンブレードの形状も特徴的で、風量を10〜15%アップしたという“バットウィング”構造を採用している

 3製品はいずれも、静音性に優れる新設計の「ツイスターベアリング」を採用した12センチ角ファン。ブレード部分は取り外しが可能なためメンテナンスも簡単に行える。

 クリアカラーモデルのEVEREST UCEV12は、温度センサーを内蔵し自動スピードコントロール機能を搭載したモデルで、回転数は500〜1000RPM、騒音レベルは最大12デシベル。ブルーLEDを内蔵しており、手動でのON/OFF切り替えが可能だ。

 ホワイトモデルのCLUSTER UCCL12は、PWMコントロールに対応。ホワイトLEDを内蔵、ON/OFFスイッチで点灯を切り替えられる。回転数は500〜1200RPM、騒音レベルは最大14デシベル。

 ブラック/レッドのツートンカラーモデルのMAGMA UCMA12は回転数制御を装備しない汎用モデルで、回転数は1500RPM。騒音レベルは18デシベルとなる。

関連キーワード

ENERMAX | 冷却 | メンテナンス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう