特集
» 2010年11月16日 09時14分 公開

システムへの負荷はどれくらい?:2011年版セキュリティソフト徹底比較(第2回) (3/4)

[松岡宣,ITmedia]

CPU使用率を比較する

 1つ前のテストではファイルのコピーだけを実行しているが、実際の作業では複数の操作を同時に実行することが多い。そこで、コピー中のCPU使用率の変動も記録して分析した。なお、CPU使用率のサンプルは1秒ごとに記録しているが、処理が間に合わずにサンプルが抜けてしまっていることもある。そのため、グラフの横軸は必ずしも実際の処理時間とは一致しない。また、1秒ごとのサンプルをそのままグラフ化すると分かりにくくなってしまうため、5サンプルごとの平均値を使用している。

 結果としては、コピー速度で上位グループのウイルスバスター2011とNIS 2011、下位グループのG Data 2011でCPU使用率が高めだったものの、ほかのセキュリティソフトでは極端にCPU使用率が高くなることはなかった。リアルタイムスキャンの負荷が高くなり過ぎないように調整されているのだろう。ただ、PC Tools 2011やマカフィー2011の場合はもう少し高速化の余地があるように感じた。

NIS 2011(画面=左)。G DATA 2011(画面=右)

PC Tools 2011(画面=左)。ESET V4.2(画面=右)

ウイルスバスター2011(画面=左)。KIS 2011(画面=右)

マカフィー2011(画面=左)。7製品の比較(画面=右)

メールコピーの時間

 メールボックスフォルダ内のファイルはすべて未知のファイルであり、ウイルスの感染源となる可能性の高い種類のファイルなので、すべてのファイルに対してウイルススキャンが実行されると予測できる。コピーするファイルの合計サイズが少ないため、空きメモリの不足による速度低下が発生する可能性は低いだろう。

 各セット1回目の、コピーするファイルがキャッシュされていない状態では、ウイルスバスター2011が最も速く、速度低下は4パーセントだった。これにKIS 2011、PC Tools 2011、NIS 2011が続く。ESET V.4.2は「I386」フォルダのコピーで良好な成績を見せていたが、ここでは大幅に速度が低下してしまった。G Dataの場合、「I386」フォルダーの場合と同様の傾向が見られ、1回目のコピーは遅いものの、2回目以降は比較的高速になった。

メールボックスフォルダコピー各セット1回目(分:秒:ミリ秒) 未インストール NIS 2011 G Data 2011 PC Tools 2011 ESET V4.2 ウイルスバスター 2011 KIS 2011 マカフィー 2011
1セット目 1:19.373 1:48.404 3:17.902 1:30.400 3:40.304 1:34.193 1:54.988 2:05.268
2セット目 1:34.084 1:51.384 2:05.767 1:59.793 3:45.780 1:32.867 1:38.093 2:15.938
3セット目 1:34.489 1:49.247 2:06.033 1:57.563 3:43.798 1:31.790 1:36.596 2:16.329
最短 1:19.373 1:48.404 2:05.767 1:30.400 3:40.304 1:31.790 1:36.596 2:05.268
最長 1:34.489 1:51.384 3:17.902 1:59.793 3:45.780 1:34.193 1:54.988 2:16.329
平均 1:29.315 1:49.678 2:29.901 1:49.252 3:43.294 1:32.950 1:43.226 2:12.512
低下率 0% 22.8% 67.8% 22.3% 150.0% 4.1% 15.6% 48.4%
順位 - 4 6 3 7 1 2 5
3セット実行したうち、各セット1回目の実行結果。ウイルスバスター2011が低下率4パーセントで最も速かった。個別の実行結果では未インストールを逆転している。ここまで上位に入っていたESET V4.2が極端に遅くなってしまった

 各セット2回目以降のコピーでは、KIS 2011、NIS 2011、ウイルスバスター2011のように順位が入れ替わった。PC Tools 2011は繰り返しコピーすると4回目以降で速度が低下してしまった。CPU使用率に関しては、全体的に「I386」フォルダのコピーよりも高くなる傾向が見られたが、中ではNIS 2011とKIS 2011、PC Tools 2011、G Data 2011が低めだった。

メールボックスフォルダーコピー1セット2〜5回目(分:秒:ミリ秒) 未インストール NIS 2011 G Data 2011 PC Tools 2011 ESET V4.2 ウイルスバスター 2011 KIS 2011 マカフィー 2011
2回目 0:43.166 0:52.665 0:56.846 0:51.254 3:09.681 0:53.446 0:50.466 1:12.212
3回目 0:42.354 0:51.418 0:59.327 0:49.902 3:08.215 0:54.351 0:50.357 1:06.378
4回目 0:42.760 0:51.854 0:58.516 1:06.625 3:08.230 0:55.474 0:51.682 0:59.639
5回目 0:42.713 0:52.916 0:57.689 1:31.288 3:08.230 1:00.419 0:50.653 1:03.212
最短 0:42.354 0:51.418 0:56.846 0:49.902 3:08.215 0:53.446 0:50.357 0:59.639
最長 0:43.166 0:52.916 0:59.327 1:31.288 3:09.681 1:00.419 0:51.682 1:12.212
平均 0:42.748 0:52.213 0:58.094 1:04.767 3:08.589 0:55.923 0:50.789 1:05.360
低下率 0% 22.1% 35.9% 51.5% 341.2% 30.8% 18.8% 52.9%
順位 - 2 4 5 7 3 1 6
1セット2〜5回目の実行結果。ここでもESET V4.2が際立って遅い

メールボックスフォルダのコピーでは、ウイルスバスター2011を除き、上位グループのCPU使用率が低い傾向がみられた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう