バッファロー、“世界最小”をうたうBDXL対応の軽量ポータブルBDドライブ

» 2012年03月07日 15時42分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
photo BRXL-CSPI6U2-BK

 バッファローは3月7日、軽量小型筐体を採用したUSB外付けポータブルBlu-ray Discドライブ「BRXL-CSPI6U2-BK」を発表、3月下旬に出荷を開始する。価格は2万1000円。

 BRXL-CSPI6U2-BKは、世界最小/最軽量をうたった小型筐体を採用するポータブルBDドライブで、CDジャケットとほぼ同サイズとなる133(幅)×133(奥行き)×14.8(高さ)ミリ/重量約240グラムのコンパクト筐体を実現したモデルだ。

 BDXL規格に対応、ライティング速度は3層/4層BD-R XL 4倍速記録、1層/2層BD-R 6倍速記録などをサポートする。接続インタフェースはUSB 2.0に対応。USBバスパワー動作をサポートするほか、別売のACアダプタを用いたセルフパワー動作も可能だ。ソフトウェアはライティングソフト「DiXiM BD Burner 2011 for Buffalo BD edition」、BD/DVD再生ソフト「CyberLink PowerDVD 10 BD edition」などが付属している。


photo BRXL-14FBS-BK

 またバッファローは、5インチベイ内蔵型のBlu-ray Discドライブ「BRXL-14FBS-BK」を発表、3月下旬に出荷を開始する。価格は1万8900円。

 BRXL-14FBS-BKは、BDXL対応のSerial ATA接続対応Blu-ray Discドライブで、3層/4層BD-R XL 6倍速記録、2層BD-R 12倍速/1層BD-R 14倍速記録をサポートした。

 ソフトウェアはライティングソフト「DiXiM BD Burner 2011 for Buffalo BD edition」、BD/DVD再生ソフト「CyberLink PowerDVD 10 BD edition」などが付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  9. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  10. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー