ニュース
» 2013年04月08日 16時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「5月の連休には勝負が見えているでしょう」――Radeon HD 7790カードが登場! (2/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「かゆいところを攻めている感じですね」――元アキバ店員のブランド「Project M」が本格始動!

B-01 パソコンショップ・アークに並んだ「Project M」モデル

 2013年3月後半にBUY MORE秋葉原本店で先行投入された、アユート(元MVK)のPCパーツブランド「Project M」が本格的に始動し、新たに9モデルが複数のショップに並ぶようになった。Project Mは元PC DIY SHOP FreeTの森田氏が企画を担当しており、森田氏は3月時点で「ProjectM自体はMVK(現アユート)の製品ブランドとして取り扱い店を限定せず展開していく予定です。4月から本格的に商品を展開します」と話していた。

 新モデルのうち、4種類はmSATA SSDをほかの規格で利用する変換アダプタだ。2.5インチIDEアダプタ「MSATA2IDE25」と1.8インチIDE 44ピンアダプタ「MSATA2IDE18」、同1.8インチZIFアダプタ「MSATA2ZIF」(3モデルとも3000円弱)に、USB 3.0接続の外付けSSDにするキット「USB3.0MSATA-CASE」(3800円前後)をそろえた。このほかSATAドライブをmSATAで接続するためのアダプタ「MSATA2SATA」(1500円前後)や、MSATA2ZIFを50ピンに変換するケーブル「ZIF2PIN50」(1000円弱)を用意する。

 残りの3モデルは、1.8インチHDD/SSDをUSB 2.0接続で使う外付けキットだ。ZIFドライブ向きの「1.8HDDZIF-CASE」と50ピンドライブ向きの「1.8HDD50PIN-CASE」が1500円前後、1.8インチmicroSATAドライブ用の「1.8MICROSATA-CASE」が2000円弱で売られている。

 パソコンショップ・アークは「マニアックですけど、かゆいところに手が届くラインアップだと思います。活用しにくいニッチなドライブの使い道が広がるので、メインマシンで付け替えたあともいろいろと利用できるようになりますし」と評価していた。

B-02B-03B-04 BUY MORE秋葉原本店の「Project M」モデルとPOP(写真=左)。2013年3月後半からBUY MORE秋葉原本店で販売している先行モデル「GM79」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう