ニュース
» 2015年06月02日 14時00分 公開

vPro対応を強化。店頭モデルでもLTE対応に──パナソニック「Let'snote RZ4/MX4/LX4/SX4」2015年PC夏モデル(2/3 ページ)

[ITmedia]

Let'snote SX4

 12.1型ディスプレイ(解像度1600×900ピクセル)を搭載して本体に光学ドライブを内蔵する「Let'snote SX4」シリーズでもLTE対応構成を店頭モデルで用意するほか、CPUとHDD搭載構成の容量を強化した。

Let'snote SX4

 店頭モデルは、搭載するCPUとOS、データストレージ、Microsoft Officeの有無、付属するバッテリーパック、そして、本体カラーが異なる5モデルが登場する。

 本体サイズはバッテリーパック(S)装着状態で295(幅)×197.5(奥行き)×25.4(高さ)ミリ、バッテリーパック(L)装着状態で295(幅)×216.2(奥行き)×25.4(高さ)ミリとなる。重さはSSD搭載でLTEを内蔵しバッテリーパック(S)装着状態で約1.18キロ、SSD搭載でLTEを内蔵しバッテリーパック(L)装着状態で約1.39キロ、SSD搭載でバッテリーパック(S)装着状態で約1.17キロ、SSD搭載でバッテリーパック(L)装着状態で約1.38キロ、HDD搭載でバッテリーパック(S)装着状態で約1.19キロとなる。

 Core i5-5200Uを搭載して容量1TバイトのHDDを内蔵、標準でバッテリー(S)とMicrosoft Officeが付属して本体カラーがシルバーの構成では、OSがWindows 8.1 Pro Updateを導入する「CF-SX4DDPBR」とWindows 7 Professionalを導入する「CF-SX4MDPWR」を用意する。

 Core i7-5600Uを搭載して容量256GバイトのSSDを内蔵、標準でバッテリー(S)とバッテリー(L)が付属して本体カラーがブラックの構成では、OSがWindows 8.1 Pro UpdateでLTEに対応し、Microsoft Officeが付属しない「CF-SX4LFTBR」、Microsoft Officeが付属する「CF-SX4KFYBR」、OSにWindows 7 Professionalを導入してLTEに対応しない「CF-SX4KDYWR」をそろえる。

 税別の実売予想価格は、CF-SX4DDPBRとCF-SX4MDPWRが21万5000円前後、CF-SX4LFTBRが28万円前後、CF-SX4KFYBRが30万5000円前後、CF-SX4KDYWRが28万5000円前後だ。

Let'snote LX4

 14型ディスプレイ(解像度1600×900ピクセル)を搭載する「Let'snote LX4」も搭載するCPUとOS、データストレージ、搭載する光学ドライブ、そして、付属するバッテリーが異なる3構成を店頭モデルで用意する。すべての構成で、Microsoft Officeが標準で付属し、システムメモリは8Gバイトを載せる。夏モデルでは、すべてのモデルでCPUを強化し、vProに対応した。

Let'snote LX4

 CPUにCore i5-5300U vPro(2.3GHz/最大2.9GHz、2コア4スレッド。3次キャッシュメモリ3Mバイト)を搭載して容量500GバイトのHDDとDVDスーパーマルチドライブを内蔵、バッテリーパック(S)が付属する構成では、OSにWindows 8.1 Updateを導入する「CF-LX4DDABR」とOSにWindows 7 Professionalを導入する「CF-LX4DDAWR」が登場する。また、CPUにCore i7-5600U(2.6GHz/最大3.2GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ4Mバイト)を搭載し、容量256GバイトのSSDとBlu-ray Discドライブを内蔵、バッテリーパック(L)が付属してOSにWindows 8.1 Updateを導入する「CF-LX4KD9BR」を用意する。

 本体サイズは333(幅)×225.6(奥行き)×24.5(高さ)ミリで、重さはHDDを内蔵してバッテリーパック(S)装着状態で約1.31キロ、SSDを内蔵してバッテリーパック(L)を装着した状態で約1.395キロになる。

 税別の実売予想価格は、CF-LX3DDABRとCF-LX3DDAWRが21万5000円前後、CF-LX3ZD9BRが30万5000円前後だ。

新色天板「タンジェリンオレンジ」が加わったWeb販売限定モデル

 Panasonic Storeで取り扱うWeb販売限定のモデルでは、Let'snote RZ4のプレミアムエディションで、システムメモリの容量を16Gバイトにした構成を用意。標準構成でも8Gバイトと店頭モデルから強化している。また、カラー天板では、プレミアムエディションの限定の「ライジングレッド」(RZ4、MX4)、「エモーティブレッド」(LX4)のほかに、Let'snote RZ4用に新色の「タンジェリンオレンジ」が加わった。

夏の新色「タンジェリンオレンジ」

 なお、LTE対応モデルとパナソニックが運営する「Wonderlink」Aシリーズを同時に購入したユーザーに5000円をキャッシュバックするキャンペーンを行う。対象となる回線申し込み期間は6月2日13時から7月28日13時まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう