ニュース
» 2017年12月04日 15時04分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:マイニングブーム再び!? GTX 1070が品薄気味 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Socket 478タイプのマザー「P4i65G」が11年ぶりに登場!

 マザーボードで異彩を放っていたのは、ASRockのi865G+ICH5チップセット搭載モデル「P4i65G」だ。税込み価格は9200円弱。

ASRock「P4i65G」

 P4i65Gは2006年9月に売り出されたmicroATXマザーで、今回は国内代理店が新品を改めて出荷した形となっている。そのため、保証も現行で通用するものだ。ただし、当然ながら仕様は当時のまま。対応CPUはSocket 478のPentium 4/Celeron D/Celeronなどで、メモリはPC3200までのDDRとなる。PCIeスロットはなく、グラフィックスカードはAGP x8スロットなどに挿す。そのほか、SATA150ポートとIDEポートを2基、FDDポートを1基備える。オンボード映像出力はD-Subのみ。

 入荷したTSUKUMO eX.は「10年以上前のプラットフォームですから、保守パーツとしてどれだけ需要があるかですね。ある意味、イチからパーツを揃えて組むのにチャレンジするのも面白いかもしれません」と笑っていた。

P4i65Gの基板

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう