Radeon入り最強NUC「HADES CANYON」がアキバで大人気古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

» 2018年05月29日 12時14分 公開

羽根とフレームの隙間がわずか0.5mm! Noctua「NF-A12x25 PWM」が話題に

 汎用ファンでは、Noctuaから登場した「NF-A12x25 PWM」の評判が高い。PWM対応の12cm径で、税込み価格は3800円前後。14cmファンマウンターの「NA-SFMA1」も同1600円弱で同時に売り出されている。

Noctua「NF-A12x25 PWM」

 NF-A12x25 PWMは羽根とフレームの間が0.5mmと狭いのが特徴。熱膨張しにくい硬質な液晶ポリマー素材を採用することで実現した。製品開発には4年半を要したという。

 入荷したオリオスペックは「隙間がほとんどないので、風量と静圧のどちらも優れているんですよ。一般的に、風量を出すなら羽根を立てて、静圧重視なら羽根を寝かせるので、両立は難しい。それを実現したということで、ラジエーター用としてもケースファン用としても欲しいという人が相次いでいます」と絶賛していた。

フレームとファンの隙間がほとんどない
14cmファンスペースにもマウンターで取り付けられる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー