ニュース
» 2018年09月25日 09時49分 公開

最新macOS「Mojave」提供開始

Appleは9月25日、最新macOS「Mojave」(モハベ)を正式リリースした。アピアランスを暗い色調に変えるダークモードをはじめ、数々の新機能を搭載。

[ITmedia]

 Appleは9月25日、macOSの最新版「Mojave」(モハベ)の提供を開始した。mid-2012以降に発売されたMacと、Metal対応グフィックスカード搭載の2010年および2012年モデルのMac Proを対象に、無料のソフトウェアアップデートとして提供される(→互換性確認ページ)。

 Mojaveでは、デスクトップを暗い色調のUIに変更する「ダークモード」や、時間帯でデスクトップ画像を変更する「ダイナミックデスクトップ」機能、スタックスの新機能や新Finder、ビデオ録画に対応したスナップショット、Webブラウザ「Safari」のプライバシー保護機能の強化など、さまざまな改良が施されている。

「ダイナミックデスクトップ」機能
昼なら昼の風景、夜なら夜の風景と、リアルの時間に応じてデスクトップの壁紙も変わる
最大32人のFaceTime通話にも対応

 アップグレードの方法は、App StoreにあるmacOS Mojaveのページにアクセスし、「入手」ボタンをクリック。ダウンロードが終わるとインストーラが自動的に開くので、あとは画面の指示に従えばいい。なお、直営店のApple Storeでもアップグレードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう