ニュース
» 2018年10月19日 13時10分 公開

Fractal Design、ミドルタワーケース「Define R6」にType-Cポートを追加したバリエーションモデル

アスクは、Fractal Design製ミドルタワー型ケース「Define R6」シリーズの新モデル「Define R6 USB-C」など2製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは10月19日、Fractal Design製ミドルタワー型ケース「Define R6」シリーズのバリエーションモデル「Define R6 USB-C」「Define R6 USB-C TG」の取り扱いを発表、10月26日に販売を開始する。予想実売価格はそれぞれ1万8980円前後、1万9800円前後だ(ともに税別)。

photophoto Define R6 USB-C(左)、同 TG(右)  本体カラーバリエーションはDefine R6 USB-Cが“ブラック”“ガンメタル”“ホワイト”の3色、同 TGはさらに“ブラックアウト”を加えた4色となっている

 いずれも同社製ミドルタワー型PCケース「Define R6」をベースとしたバリエーションモデルで、フロントポートにUSB 3.1 Gen.2 Type-Cポート×1を追加したのが特徴だ(この他USB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ入出力も装備)。

photo フロントポート部

 その他の基本仕様は従来同様で、静音仕様の「Define R6 USB-C」と強化ガラスサイドパネルを採用した「Define R6 USB-C TG」を用意する。ドライブベイは5インチ×1、2.5/3.5インチシャドー×5、2.5インチシャドー×2を利用可能で、冷却ファンは最大で9基まで増設できる(標準付属ファンは14cm角×3)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう