ニュース
» 2019年08月05日 18時40分 公開

40周年記念を受けた次の一手:NECがゲーミングPCを投入か 「Project 炎神」稼働中

NECパーソナルコンピュータが、NECの事業の源流となった「PC-8001」の生誕40周年にちなんだ取り組みを発表。その中で、ゲーミングPCへの取り組みについての言及もあった。また、特別カラーモデルやミニチュアモデルも動画でチェックしよう。

[田中宏昌,ITmedia]

 8月5日、NECパーソナルコンピュータがNECの事業の源流となった「PC-8001」の生誕40周年にちなむ取り組みを発表。1979年に発売したPC-8001をモチーフに、独自のカラーリングなどを施したモバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile PM750/NAA」を発売する。

会場に展示されていたPC-8001
PC40 「LAVIE Pro Mobile PM750/NAA」を手にするデビット・ベネット代表取締役執行役員社長

 同時に、ラズベリーパイベースのミニチュア(4分の1サイズ)コンピュータ「PasocomMini PC-8001」をセットにした500台限定の「PC 40th Anniversary Edition Premium Package」が用意された。

PC40 「PasocomMini PC-8001」を手にするベネット社長

NECが独自にゲーミングPCを投入!? 社内プロジェクト始動

 発表会では、同社商品企画本部 商品企画グループ 部長の森部浩至氏が「One more thing……」として突如社内プロジェクトの「Project Engine(炎神)」が始動していることを明らかにした。

PC40 PC-Engineをほうふつとさせる「Project Engine(炎神)」。社内プロジェクトとして議論を重ねているという

 「レノボが手がけているゲーミングPCブランド『Legion』シリーズとは異なる、当社独自のゲーミングPCやプラットフォームなどを検討している。プロゲーマーや関係者とディスカッションを続けている段階だが、近々何かしら紹介できると考えている。プロジェクト名は起源(オリジン)や復活・再生(Phoenix)という思いを込めたものだ」(森部氏)

PC40 プロジェクトフェニックス 総合プロデューサーの森部浩至氏

 森部氏はプロジェクトフェニックス 総合プロデューサーという役職も兼ねており、「コンシューマーゲーム機などではなく、あくまでPCベースでのゲームを楽しんでもらいたいと考えている。PCならではのリッチな画面やサウンド、多彩なカスタマイズなどを生かしたものにしたいし、スマホや携帯ゲームなどから移行を促すものにしたい」と抱負を語った。

 同様に、デビット・ベネット代表取締役執行役員社長も「NECは、実は今のe-SportsにつながるゲーミングPCを40年前から作っていた。NECがやるからにはゲーマーを満足させなければならない」とProject 炎神について言及した。

 

PC40 当時の電子デバイス部門で商品化された「TK-80」のボード
©2019 HAL Laboratory, Inc.、平安京エイリアン/©2019 HAL Laboratory, Inc.、モールアタック/©2019 HAL Laboratory, Inc.、オリオン80/アスキー出版局


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう