ニュース
» 2019年09月27日 12時18分 公開

CORSAIR、強化サイドパネルを備えたシンプルなデザインのミドルタワーケース

アスクは、CORSAIR製のミドルタワー型PCケース「110R Tempered Glass」など3製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは9月27日、CORSAIR製のミドルタワー型PCケース「110R Tempered Glass」の取り扱いを発表、10月5日に販売を開始する。予想実売価格は8250円前後(税別、以下同様)。

photophoto 110R Tempered Glass

 ATXマザーボードまでの装着に対応したミドルタワー型PCケースで、4mm厚の強化ガラス製の側面パネルを搭載。装飾などを排したシンプルなデザインが特徴のモデルで、ドライブベイは5インチ×1、3.5インチシャドー×2、2.5インチシャドー×2を利用可能だ。

 冷却ファンは最大5基まで装着可能だ(標準付属ファンは背面120mm×1基)。本体サイズは210(幅)×418(奥行き)×480(高さ)mm、重量は約6.45kg。


 この他、前面/側面に強化ガラスパネルを採用しLEDファン3基を前面に備えたミドルタワー型ケース「iCUE 465X RGB」シリーズ、多数のスリットを組み合わせた幾何学模様デザインのフロントパネルを採用したミドルタワー型ケース「275R Airflow Tempered Glass」シリーズも合わせて販売が開始される。ともにブラックとホワイトの2カラーバリエーションを用意。予想実売価格はiCUE 465X RGBシリーズが1万7880円前後、275R Airflow Tempered Glassシリーズが1万2500円前後だ。

photophoto

関連キーワード

PCケース | Corsair | シンプル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう