プロナビ
ニュース
» 2019年11月25日 13時46分 公開

リコー、各種クラウドサービスとの連携も可能なA4カラー複合機

リコーは、クラウドサービス連携機能も備えたA4カラー複合機「RICOH IM C300」シリーズ2製品を発表した。

[ITmedia]

 リコーは11月25日、クラウドサービス連携機能も備えたA4カラー複合機「RICOH IM C300」「RICOH IM C300F」を発表、12月2日に発売する。価格はそれぞれ52万8000円/59万8000円だ(税別)。

photophoto RICOH IM C300(左)、RICOH IM C300F(右)

 2017年2月に発売したA4カラー複合機「RICOH MP C307」の後継製品で、30枚/分(モノクロ、カラーとも)の高速印刷を実現した。同社提供のクラウドプラットフォーム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォーム」に対応しているのが特徴で、電子黒板やカメラなどのデバイスと各種クラウドサービスと組み合わせて省力化を実現する「RICOH Intelligent WorkCore」を利用可能だ。

 また本体のアップデートや機能追加が行える「RICOH Always Current Technology」にも対応。導入時期が異なる機種間での機能統合や最新セキュリティ機能の導入などにも対応可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう