ニュース
» 2020年08月14日 14時42分 公開

アドビ、Acrobat DCとBoxのクラウド連携を強化した「Adobe Acrobat for Box」をリリース

アドビは、「Adobe Acrobat for Box」の提供を開始した。

[ITmedia]

 アドビは、企業向けのクラウドサービスである「Box」と「Adobe Acrobat」との連携を強化する「Adobe Acrobat for Box」の提供を開始した。

Adobe Acrobat for Box Adobe Acrobat for Box

 「Adobe Acrobat for Box」では、 PDFファイルや電子サインの作業をBox内で直接行えるようになった。このためデスクトップにファイルをダウンロードすることなく、クラウド上で作業することが可能だ。またIT管理者は、Boxの管理コンソールの「オン/オフ」で各社員の本機能へのアクセスを簡単に切り替えられるため、テレワークでの生産性を向上できる。

 このほか対応した機能は以下の通りだ。

  • Acrobatのweb ビューワーから、検索、注釈ツールを備えた高精度PDFファイルの閲覧が可能に
  • フォント、書式、レイアウトを維持した高品質PDFの生成
  • 削除、並べ替え、回転機能による既存PDFの修正、編集
  • PDF、Microsoft Office、画像、テキスト、Adobe Creative Cloudで作成したデザインファイルなどの複数の種類のファイルをひとつにまとめて保管、配布
  • PDFからWord、Excel、PowerPoint、RTFなどの編集可能なファイルへ、フォント、書式、レイアウトを維持したままエクスポート
  • Boxでのファイルプレビュー時に表示されるコンテンツ連動型推奨アプリ表示機能「Box 推奨アプリ」からAdobe Signへアクセスし、署名が必要な文書を送信・進行状況を追跡
  • 関連するBoxおよび第三者アプリケーション上のファイルのアクティビティをまとめて表示する「Box アクティビティストリーム」で、電子サイン情報を取得

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう