ニュース
» 2015年08月06日 09時00分 公開

北海道発「水素サプライチェーン」の検討開始、WG設置へ自然エネルギー(2/2 ページ)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

水素社会実現に向けたワーキンググループを設置

 ビジョンを踏まえた具体的な推進・導入構想など具体的な取り組みを推進するためにワーキンググループを設置することも決めた。同ワーキンググループ(WG)では、水素サプライチェーン構築の推進・導入構想(ロードマップ)の作成と具体的な取り組み内容について決めるという。さらにWG内では「製造・貯蔵」「運搬・利用」の2つのグループを設置。2015年8月下旬に第1回の会合を開始し、最終的に2016年3月までにロードマップを決定する計画だ(図2)。

photo 図2 北海道水素社会形成に向けたスケジュール案 出典:北海道

 さらに、ビジョンやロードマップ策定に向け、必要な水素製造可能量、水素利用可能量などの調査を行う。2015年8月上旬に調査を開始し、2カ月ごとの中間報告を経て、2016年2月に調査を完了する計画だ。水素サプライチェーンの構築に向けた課題の整理と検討につなげていく(図3)。

photo 図3 水素導入可能性調査の全体概要図 出典:北海道
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.