ニュース
» 2018年04月11日 07時00分 公開

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(1):急増する太陽光発電の「雑草トラブル」、知っておきたいリスクと対策 (4/4)

[増田幹弘 野原ホールディングス株式会社,スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3|4       

 近隣・地域に与える間接リスクおよび連鎖被害(玉突き被害)の事例として、動植物の繁殖・植生事例を2つ挙げます。

事例1:イノシシ繁殖地化による田んぼ、発電所への玉突き被害

 フェンスが低く、雑草管理が不適切だったため、アレイ下部がイノシシの繁殖場所となった。発電所内のあちらこちらを掘りおこしたり(恐らく捕食のため)、太陽光パネルの上に乗ったりしたため破損被害が発生した。さらに近隣の田んぼを荒らし、ふん尿をしたため、作物に異臭が残り出荷できず、損害請求があった――。

イノシシのフン

事例2:病害虫の発生

 雑草に発生した害虫、特定外来種、病気が原因で近隣の農作物、樹木に被害が発生し、損害請求があった。土地賃借契約に「除草剤など農薬・薬剤を使用しない」内容となっているため対処ができなかった――。

 近年、このような「除草剤などの農薬・薬剤を一切使用してはならない」といった内容を織り込んだ契約を見かけるようになりました。こうした契約では、昨今大きな社会問題になった外来種の「ヒアリ」や「セアカゴケグモ」、各都道府県から発令されている「病害虫発生状況(注意報・警報等)」への対応・駆除ができません。労力はかかるかもしれませんが、契約の見直しが必要と感じています。


 こうしたさまざまな被害を防ぐためにも、適切な雑草対策が欠かせません。次回は適切な対策を選ぶために知っておきたい、雑草の種類について解説します。

・第2回:「太陽光発電のトラブルにつながる雑草、知っておきたい代表種 」

著者プロフィール

増田幹弘(マスダ ミキヒロ)
野原ホールディングス株式会社 事業開発部 再生エネルギープロジェクト室長
太陽光発電アドバイザー、緑の安全管理士、「東京都農薬指導管理士」

大阪出身、近畿大学卒業。1999年、私費にて参加したエコに関する研究会にて、電気を庭に取付けた太陽光発電と自動車の大型バッテリーから、給湯は太陽熱を利用するなどの、今でいうゼロエネルギー住宅(奈良県)を視察し感銘を受ける。自宅をオール電化にし屋根には発電システムを取り付け、自宅エネルギー消費データを2年間記録、上記研究会にて発表。その後も省エネ、省資源についての研究を深め、建材の開発、リサイクルシステム、工場のエネルギー消費削減に大きく貢献。

2009年、野原産業(現 野原ホールディングス)に入社。2013年、事業開発部において八ヶ岳研修所の遊休地活用事業として太陽光発電プロジェクトを主幹。現在は、太陽光発電に関わる新事業として、第三者の視点からの太陽光発電設備の保守・点検(O&M)サービス「SUNSUN GUARD 20」を展開。豊富な知識と多様な事例、経験から、太陽光発電事業者向けセミナーにて講師も務める。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.