ニュース
» 2019年03月20日 09時00分 公開

太陽光パネルのドローン検査を一括運用、NTTドコモが新サービス

NTTドコモがドローンを活用したサービスを支援するプラットフォーム「docomo sky」を発表。第1弾のソリューションとして、太陽光パネルの点検向けサービスの提供を開始した。

[スマートジャパン]

 NTTドコモは2019年3月、ドローンを活用してビジネスを展開する企業向けに、ドローン運用をトータルにサポートするサービス「docomo sky(ドコモスカイ)」の提供を開始した。同サービスを活用したソリューションの一環として、太陽光パネルの点検サービスの提供も開始している。

 ドコモスカイはクラウドコネクト、運航支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤の4つの要素で構成し、ドローンとプラットフォームをセルラーネットワークで常時接続することで、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報やフライトの管理、撮影画像データなどのセンシングデータのリアルタイム取得が可能。さらに管理・分析を行うまでの一連の運用をWewb上で管理可能とすることをコンセプトとしており、今後さまざまな分野のパートナーとともに、同サービスを活用したソリューション事例の開発・提供を順次進める。

提供形態には「スポット利用型」「定期利用型」の二つがあり、スポット利用型は、1回の利用案件に対して、「ドローン機体・パイロット派遣」や「分析レポート発行」などを提供する。定期利用型は、ドローンの購入やパイロットの育成講習なども提供内容に含んでおり、ユーザー自身でドローン操縦から分析などまで行うサービスを継続的にビジネス活用する人向けのプランとなっている。

 また、ドコモスカイを用いたドローン活用のソリューション第一弾として、点検にかかる業務コストの効率化を目的とした「ソーラーパネル点検」の提供を始めた。

 「ソーラーパネル点検」では赤外線カメラを搭載したドローンでパネル表面を撮影、得られたデータを分析することで、ホットスポットと呼ばれる異常箇所を検出し、レポートを作成するところまでを自動で行うことが可能だ。これまでは専門知識を有する技術者が、パネルを1枚ずつ目視で確認して、故障箇所を特定することが一般的であり、その点検にかかる人的コストが課題となっていた。同サービスを導入することで、短時間で効率よく、発電に悪影響を及ぼす要因の発見・対処できるとしている。

サービスのイメージ 出典:NTTドコモ

 また、一連の点検業務運用およびデータ管理は、同サービスのダッシュボード機能を活用することで、Web画面上で一元管理できるため、大幅な稼働削減を実現するとしている。

 なお、ドコモは2017年から自社の携帯電話無線基地局点検にドローンを活用しており、そこで培った点検ノウハウとドコモスカイを組み合わせて「ドローン基地局点検システム」を開発し、2019年2月より自社基地局利用の全国展開を開始している。

 同システムはドコモスカイに対応した専用の操縦者向けグランドコントロールステーションアプリケーションにより点検業務を支援する。操縦者は簡易な操作により高度や速度を設定し、ドローンの自動飛行、自動撮影、撮影画像のリアルタイム送信が可能だ。また、点検者は同サービスのWEBサイトにログインすると、専用画面から遠隔地の鉄塔の品質保全状況の確認を即時に行える。

 これらを活用することで飛行の一部と撮影が自動化され、操縦者の作業負担が解消するとともに、これまで自社基地局点検の課題だった操縦者のスキル平準化の実現が期待される。

 今後は、さらなる機能拡充として、これまで人が目視で確認していた基地局の劣化状況をAIによって判定する機能を開発し、精度向上および最適化に取り組む方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.