ニュース
» 2019年08月16日 07時00分 公開

自然エネルギー:蓄電池を併設する35MW級の風力発電所、青森県で年間2.4万世帯分を発電

日立キャピタルのグループ会社である津軽風力発電は2019年7月、青森県五所川原市相内および北津軽郡中泊町に建設した「十三湖風力発電所」の竣工(しゅんこう)式を行った。定格出力2300kW(キロワット)の風力発電システムが15基設置された。発電能力は34.5MWである。

[スマートジャパン]

 日立キャピタルのグループ会社である津軽風力発電は2019年7月31日、青森県五所川原市相内および北津軽郡中泊町に建設した「十三湖風力発電所」の竣工(しゅんこう)式を行ったと発表した。定格出力2300kW(キロワット)の風車を15基導入しており、総発電能力は34.5MW(メガワット)である。

 十三湖風力発電所は、日立パワーソリューションズがEPC(設計、調達、建設)や保守などを担当し、津軽風力発電が事業者として建設を行った。年間予想発電量は、一般家庭約2万4000世帯分の電力に相当し、約5万4000トンのCO2排出抑制を実現する見込みである。既に同年7月1日から運転を開始している。同設備は出力変動緩和型と呼ばれる、風力発電の出力変動を蓄電池で緩和することで系統への影響が少ない電力を供給するシステムである。

 発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」で東北電力に売電する。売電収入の一部は「農山漁村再生可能エネルギー法」に基づいた協定により、土地改良区の維持管理に資する取り組みに利用される。津軽地方の強い季節風を利用した風力発電事業を通じて、周辺地域の農林水産業の発展に貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.