ニュース
» 2020年03月30日 08時00分 公開

新築に「エネファーム」導入で太陽光発電を無償提供、東京ガスらが新サービス太陽光

東京ガスと三井ホームは2020年3月27日から、新築戸建住宅に家庭用燃料電池「エネファーム」を導入すると、太陽光発電システムを無償で提供するサービス「未来発電G withずっともソーラー」を開始した。

[スマートジャパン]

 東京ガスと三井ホームは2020年3月27日から、新築戸建住宅に家庭用燃料電池「エネファーム」を導入すると、太陽光発電システムを無償で提供するサービス「未来発電G withずっともソーラー」を開始した。

 同サービスの対象エリアは、東京ガスの都市ガス供給エリア。三井ホームの新築戸建住宅を建設し、東京ガスが販売するエネファームを導入すると、太陽光発電設備を無償で提供する。ユーザーは燃料電池と太陽光の2方式の発電で買電量を削減でき、非常時にも活用できる。

 太陽光発電で発電した電力はまず家庭で使用し、余剰電力を「再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)」で電力会社に売電するスキームとなる。この売電により得られた収入は、10年間の契約期間中、東京ガスに譲渡される。ただし、契約ユーザーと東京ガス間で締結する10年間の契約終了後は、売電収入はユーザー側の収入となる。

「未来発電G withずっともソーラー」のスキーム 出典:東京ガス

 無償提供の対象となる太陽光発電設備は3kW以上10kW未満で、太陽光発電設備の設置工事費、電気設備工事費、エネファームの機器費・設置工事費は顧客負担となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.