キーワードを探す
検索

「通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

英国Raspberry Pi財団は、「Raspberry Pi 4 Model B(以下、ラズパイ4)」の組み込みモジュール版となる「Raspberry Pi Compute Module 4」を発表。Armの「Cortex-A72」を4コア搭載する「BCM2711」はそのままに、RAMやフラッシュストレージの容量、無線通信機能の有無などによって変わる32品種を用意した。価格は25〜90米ドル。

()

携帯電話大手3社が16日午後9時から、アップルのスマートフォン「iPhone」で初めて高速大容量の5G移動通信システムに対応した「12」シリーズの予約を受け付ける。3社は端末を2年後以降に返却するなどの仕組みを導入し、消費者の負担感を抑える価格戦略をとっている。

()

神戸市とNTTドコモ、ドコモ・システムズは、「AI搭載通信型スマートドライブレコーダーを活用した市バスの運行モニタリング実証実験」を実施すると発表した。クラウドやドライブレコーダーなどを組み合わせた機能とデータ活用について検証する。

()

アップルは日本時間14日早朝、iPhone 12シリーズ4機種を発表した。5G通信に対応し、高速な通信が可能。有機EL(OLED)ディスプレイを採用し、狭額縁とすることで本体サイズを保ちながらディスプレイサイズを拡大した。

()

モバイルWiFiルーターのレンタルサービス「Transfone」は、10月12日に月間150GBのモバイルWiFiルーターの一般販売を開始。下り最大150Mbpsでソフトバンク回線を利用でき、利用中の通信制限もない。利用料金は月額4980円(税別)。

()

モノのインターネット技術や、人工知能などの通信機能をつなげることで、建物の資産価値向上を図るほか、新型コロナウイルス感染拡大の防止を徹底する「スマートビル」を実現する。

()

本連載では、ICTシステムに関する企画やコンサルティング、設計、構築などを手掛けるNECネッツエスアイ ビジネスデザイン統括本部 デジタルタウン推進本部 事業推進マネージャー 川崎孝史氏が、通信規格「ZETA」の基礎知識や最新動向、建設業での活用方法を紹介する。第2回は、コロナ禍で必要性が増すICT機器と、それをつなぐZETA通信をはじめとするマルチコネクティビティの在り方について採り上げる。

()

HAPSモバイルとLoonは、HAPSモバイルの成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「Sunglider」で成層圏からLTEの通信に成功。米国ニューメキシコ州のSpaceport Americaと日本でビデオ通話を行い、円滑な動作と低遅延かつ高解像度の映像を確認したという。

()

DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ企業の幹部は、メモリ市場の未来が次世代の携帯電話にいかにけん引されるかについてよく語っている。現在、大きなけん引役となっているのは5G(第5世代移動通信)だ。

()

NTTドコモ、富士通、NECは2020年9月30日、5G(第5世代移動通信)など向けに無線アクセスネットワークのオープン化(Open RAN)を進める団体「O-RAN Alliance」の仕様を用いた異なるベンダー間の5G基地局装置を使用して、5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功したと発表した。3社の発表によれば、これは「世界初」だという。

()

NXP Semiconductors(以下、NXP)は2020年9月、米国アリゾナ州チャンドラーに新設した150mm(6インチ)ウエハーのGaN工場の稼働を開始すると発表した。主に、5G(第5世代移動通信)無線システム向けの通信インフラ市場に注力しながら、将来的には6G(第6世代移動通信)への技術移行を目指していくという。

()

 建機や通信機器などのレンタル業を手がける西尾レントオール(大阪市中央区)は5日、建設現場向けに貸し出している仮設の通信システムやトレーラーハウスなどが、新型コロナウイルス感染拡大のような緊急時や災害時のオフィスのBCP(事業継続計画)対策に有効か検証する実証実験を始めた。

()

米中間の技術冷戦が激化し、半導体産業に全面的な注目が集まる中、半導体に関する優れた技術が、AI(人工知能)から5G(第5世代移動通信)に至る全ての製品をどのように支えているのかを判断するには、最近のファウンドリーの売上高予測を検討すればよいのではないだろうか。

()

パイオニアは2020年9月30日、緊急通報機能付きの通信型ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」を発売すると発表した。通信機能を備えるドライブレコーダーは、自動車保険の特約などで利用できるものを除くと「市販向けとしては初」(パイオニア)となる。通信機能によって、HELPNET(ヘルプネット)への緊急通報や緊急時の家族への知らせ、プローブデータを活用した注意喚起による運転支援を提供する。

()

Hamee(ハミィ)は9月30日、キッズ向けのスマートフォン「HAMIC POCKET(ハミックポケット)」を発表した。2021年の提供を予定しており、発売前に1000人の無料モニターを募集するキャンペーンも実施。端末価格は1万5000円(税別)、通信サービスはIIJが提供する。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る