キーワードを探す
検索

「地球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

日立 執行役副社長のアリステア・ドーマー氏は、2021年11月に開催される「COP2」に協賛する「プリンシパル・パートナー」に同社が就任したいきさつを説明。「2021年の世界的なイベントとして東京オリンピック・パラリンピックに次ぐ2番目の規模となるCOP26が、地球環境の保全に向けた解決案を見いだすことに貢献したい」と述べた。

()

中国各地で電力不足が深刻化して停電が相次いでいる。習近平国家主席が掲げた地球温暖化対策目標の達成に向け、火力発電所の稼働抑制の動きが広がったことが響いたと指摘される。影響は中国本土の約3分の2に相当する地域に広がり、中国経済の先行きへの不透明感が増している。

()

東京五輪開会式で、空中に大会エンブレムや巨大な地球の姿を形成し世界を驚かせたドローン。この新技術を活用した建物の外壁調査やパイロットの育成事業を手掛けるベンチャー企業、スカイエステートの青木達也社長に、パイロット育成やドローン活用の現状を聞く。

()

「Windows 365 Cloud PC」は、2021年8月初めに正式にサービスをスタートした、Microsoftの新しい「サービスとしてのデスクトップ(Desktop as a Service、DaaS)です。運よく「Windows 365 Business」の無料試用版をゲットできた筆者が、その試用についてレポートします。

()

日清食品チルド(東京都新宿区)は、地球環境に配慮した商品を積極的に提案する「おいしいeco麺プロジェクト」について、「賞味期限延長」「エコ包装」の対象商品を2021年9月より拡大する。対象商品は「鍋焼 日清ラ王」の2商品と「日清のラーメン屋さん」ブランド全5商品。

()

現代の衛星システムは、地球表面を幅広くカバーし高速なブロードバンドデータ伝送を提供する静止衛星コンステレーションをベースとしている。Microchip Technologyが2021年6月に発表した新しいMMIC(モノリシックマイクロ波集積回路)パワーアンプ「GMICP2731-10」は、Kaバンド(27.5G〜31GHz)と高RF出力、GaN-on-SiC技術を活用することで衛星通信の厳しい性能要件に対応することができる。

()

【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。

()

ソフトバンクが7月14日、5Gの次世代通信を担う「6G」についての12の計画を公開した。社会インフラとして重要な役割を担うモバイル通信をさらに発展させ、山間部や海上などを含む地球全体を通信エリア化するという。2030年に実用化が予想されている量子コンピュータへの対策やCO2排出の「ネットゼロ」にも言及している。

()

 なんだか最近、各局とも「SDGs特番」みたいな番組がはやってますよね。いったい誰の陰謀? と思うくらいあちこちで見かけます。分かりますよ。地球と人類の将来を考えれば、テレビ局がSDGsについて積極的に放送するのは素晴らしいことだと思います。

()

パナソニックは2021年5月27日、2021年4月に新CEOに就任した楠見雄規氏が経営方針を発表。「理想の社会」の実現に向け改善を進める企業としての基本姿勢を強調し、地球環境問題に積極的に取り組み、2030年に全事業会社でのCO▽▽2▽▽排出量ゼロ化を目指す。また、「専鋭化」に向け2年間は全事業の競争力に全力を注ぐ考えを示した。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る