キーワードを探す
検索

「Lexmark」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

チーズスライサーや計算機を扱っていたIBMは、コンピュータ/PC市場に参入し、「帝国」と呼ばれるまでに成長した。今でこそ大規模な人員削減を行っている同社だが、コンピュータ業界における軌跡は、“帝国”と呼ばれるにふさわしい。

()

「データと人間が接するところにイノベーションが起きる」と話すのはレックスマークインターナショナルの安川昌昭社長。ソーシャルメディア時代に必要な働き方、オフィス機器とは何かをループス・コミュニケーションズの斉藤徹代表と対談した。

()

これまで、電子回路のクロック源としては、水晶やセラミックなどを用いた発振器が使われてきた。しかし、最近になって、高精度のシリコン/MEMS発振器が登場したことで、技術者にとっての選択肢の幅が広がった。本稿では、水晶、セラミック、シリコン、MEMSベースの各種発振器の特徴と、機器に最適な発振器を選択する上で必要となる知識についてまとめる。

()

デジカメで撮った写真を人に見せるときにはどうやっていますか? カメラの液晶画面をそのまま見せる? メールで送る? フォト用紙にプリントする? ここでは、自分でフォトアルバムを作ってしまうのをおすすめしたい。サンワサプライの「手作りアルバム製本セット」なら、家庭で写真集が手軽にできてしまうのだ。

()

レックスマーク インターナショナルは4月27日、インクジェット複合機の新機種を発表した。液晶モニターの搭載やPictBridgeのサポートなど、写真プリント機能を強化した3モデルがラインアップされる。価格はすべてオープンプライスで、実売予想価格は9980円から。

()

ここ最近、小型で低価格な複合機の人気が高まっているようだ。すでにミドルレンジ以上の単機能プリンタを所有するユーザーが、スタンドアロンのコピー機として購入するケースも増えている。低価格といえばレックスマークの十八番だが、7月に発売された「Lexmark X2350」も、大胆ともいえる仕様で1万円以下を実現したコンパクト複合機だ。

()

シカゴのMotoレストランでは、食用インクを詰めたプリンタで、でんぷんでできた紙に料理を印刷している。高級料理をダウンロードして食べられるようにすることがシェフの夢だ。(IDG)

()

アメリカで発表されたレックスマーク製レーザープリンタのリコールについて、デルは「デル レーザプリンタ 1700n」の無償交換を発表した。受付期間は2004年9月9日から11月12日まで。

()

米Lexmark製レーザープリンタに感電の可能性がある。対象となるのは、Dellブランドで日本でも販売されているDell 1700/1700nなど。ただし、感電の可能性は非常に低いという。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る