連載
» 2008年11月07日 00時00分 UPDATE

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:prompt――コマンドプロンプトの文字列の指定

これまでのこのコーナーではUNIX/Linuxと同じようでいて少し異なる共通に使えるコマンドを中心に紹介してきた。現在は、UNIXに存在しないWindows特有のコマンドを解説している。今回はpromptだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

prompt――コマンドプロンプトの文字列の指定

UNIX/Linuxでは「(環境変数PROMPTなど)」

 コマンドの入力を受け付けるプロンプト表示の文字列を指定する。

オプション 使用例 詳細
(なし) prompt 標準の設定に戻す。なお、標準の設定文字列は「$p$g」なので、「prompt $p$g」と実行した場合と同等
(文字列) prompt $m$g$p プロンプト表示の文字列を指定している。使用例は「$m$g$p」と指定して、ドライブレターに関連づけられた、ネットワークシェア名、ドライブ名、フォルダ名をプロンプト表示に利用している。なお、カレントフォルダがローカルディスクの場合、「$m」には空白が入る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -