ニュース
» 2009年07月22日 09時30分 UPDATE

AMD、PC市場不調で減収減益だが赤字幅は縮小

AMDの4〜6月期決算は、売上高は11億8400万ドル、純損失は3億3000万ドルとなった。

[ITmedia]

 米AMDが7月21日発表した第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高は前年同期比13%減の11億8400万ドルで、純損失は3億3000万ドル(1株当たり49セント)と前年同期の11億8900万ドルからは縮小した。

 粗利率は37%で、前年同期の38%、前期の43%から下降した。

 ダーク・マイヤーCEOは「Six-Core AMD Opteronを前倒しで提供するなど製品ロードマップを順調に実行しており、コスト削減にも努めているが、残念な粗利益になってしまった。下期に予定している新プラットフォーム、プロセッサ、グラフィックス製品で利益を上げる」とコメントした。

 第3四半期の見通しについては、現在のマクロ経済の状況や季節的変動を考慮し、売上高は微増するとしている。

関連キーワード

AMD | 決算 | 赤字 | Opteron | ロードマップ | コスト削減 | CPU | PC市場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -