ニュース
» 2009年11月05日 14時20分 UPDATE

企業向けクラウドに自信――MicrosoftのバルマーCEOが会見

米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが来日した。記者会見の一問一答で、同社のクラウドコンピューティングに関する見解を語った。

[ITmedia]

 米Microsoftのスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)は11月5日、都内で開かれた記者会見において同社のクラウドコンピューティングへの取り組みなどを説明した。記者会見でのクラウドコンピューティング関連の一問一答の様子をお届けする。

―― (PC、携帯電話、テレビとクラウド型サービスを結び付け、新たな体験を利用者に提供する)「3スクリーン+クラウド」と呼ぶコンセプトへの移行によって、Microsoftの事業ポートフォリオはどう変わるのか。

スティーブ・バルマーCEO スティーブ・バルマーCEO

バルマー 変化しないビジネスを目指すのであれば、ITに参画する必要はない。(Microsoftは)サービス、製品、ソフトウェアをライセンスではなくサービスとして提供することで、収益性の高いビジネスモデルがもたらされると考えている。Microsoftの売り上げだけでなくパートナー企業との関係など、多くの要素が進化していくだろう。

―― Googleのクラウドコンピューティングへの取り組みをどう認識しているのか。またMicrosoftはどのような点で優位なのか。

バルマー Googleは検索において世界的なリーダー企業だ。だがその他のクラウドコンピューティング分野の市場開拓においては、Microsoftがリーダーだと考えている。電子メールやインスタントメッセージング(のシェア)ではわれわれが世界1位だ。企業向けクラウドコンピューティングの分野においても、既に何万ものユーザーがSharePointExchangeのオンラインサービスを導入している。

 今月にはWindows Azureを展開する。(Microsoftは)企業やデータセンターにもクラウドコンピューティングのプラットフォームを広げられる唯一のプレイヤーだと考えている。(クラウド分野における)競合相手はGoogleではなく、ほかの企業である。

―― 樋口氏がマイクロソフト日本法人の社長に就任してから1年が経過した。樋口氏に対する総括は。

バルマー 開始から4カ月が経過した本年度において、(本社以外の会社を国別に見ると)マイクロソフト日本法人が一番実績を上げている。日本は世界2位の市場である。樋口社長の実績には満足しているし、うれしく思っている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -