ニュース
» 2010年09月24日 07時59分 UPDATE

Google、IE向けプラグイン「Chrome Frame」公式安定版をリリース

IE 6、7、8でHTML5のタグやJavaScriptエンジンを利用できるようにするGoogle製プラグインが公式安定版になった。Windowsインストーラのパッケージもダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月22日(現地時間)、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)でGoogleのレンダリングエンジンを利用できるようにするプラグイン「Google Chrome Frame」の公式安定版をリリースしたと発表した。Windows XP SP2、Windows Vista、Windows 7で稼働するIE 6、7、8で利用できる。

 Google Chrome Frameは、HTML5のcanvasタグやJavaScriptエンジンなど、Google ChromeのオープンなWeb技術をIEで使えるようにするオープンソースのプラグイン。Webアプリケーション側に所定のメタタグが追加されていれば、Chrome FrameをインストールしたIEでそのWebアプリを利用する際、自動的にGoogle Chromeのレンダリングエンジンが稼働する。

 公式安定版はβ版より起動が3倍速くなり、ほかのプラグインとの干渉を解消したという。また、GoogleのサービスをIEで利用している企業ユーザー向けに、Windowsインストーラのパッケージを用意した。Googleのサービスとしては、Google Docs、YouTube、Orkutなどが既に対応しており、近くGmailとGoogle Calendarが対応する見込みだ。同プラグインは、Google Chromeのアップデートと同じペースでアップデートするという。

 Microsoftが9月15日に公開したIE9のβ版は、HTML5やCSS3をサポートし、「Chakra」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンを搭載している。だが、同ブラウザはWindows XPでは利用できないため、Windows XPを使い続けている企業ユーザーなどにとっては、このプラグインは有用だといえるだろう。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -