ニュース
» 2011年11月21日 13時58分 UPDATE

徳島大学がハイブリットクラウドを構築、2012年から運用へ

プラベートクラウドとパブリッククラウド、オンプレミスを組み合わせ、利用目的に応じて効率の良いシステム運用を実現するという。

[ITmedia]

 NECは11月21日、徳島大学が同社の技術を採用してハイブリッドクラウド環境を構築し、2012年3月から運用を開始する予定であることを発表した。大学のハイブリッドクラウド環境の構築としては、先進的な事例だという。

 徳島大学が構築するシステムは、教育用システムや教務システムなどの基幹業務をプライベートクラウド環境で、ポータルや学生用メールサービスをパブリッククラウド環境で、演習用シンクライアントシステムをオンプレミスで運用。NECの認証技術を利用して、学内の複数のサービスをシングルサインオンで利用できるようにする。

 NECによれば、徳島大学では(1)労務時間上の都合やコストなどにより24時間サービス提供が困難、(2)災害発生時の体制が脆弱、(3)運用上のセキュリティリスクが高い――などの課題を抱え、クラウドサービスの活用を決めたという。

tokushimau.jpg 情報化推進センターコンピュータシステムの概念図(出典:NEC)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -