ニュース
» 2015年11月19日 08時00分 UPDATE

ディルバート(424):仕事はアウトプットが全て?

仕事は何かしらのアウトプットをしないと“証拠”になりません。ウォーリーの場合はというと……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

r424_01.jpg

いやー、今週はめっちゃ仕事しましたわ


r424_02.jpg

技術的オプションを全て比較する表を作成しました


r424_03.jpg

その表とやらを見せてもらおうか


r424_04.jpg

俺の頭の中ですよ。書き出す必要性を感じなかったので


r424_05.jpg

ちゃんとできたかどうか分からないじゃないか!


r424_06.jpg

あなたはエンジニアではないので、見ても正しいかどうか分からないでしょう


r424_07.jpg

あなたは「賢く働け」といつも言うけど、俺がそうするとすぐ怒る


r424_08.jpg

頭の中で仕事をしてはいけないんだ!

あなたは体のどの部位を使って仕事してるんですか?


  


 あはは、ウォーリーに一本! ボスが頭を使っていないことだけは明らかですな。

 Allegedとは、法廷などで証拠がないところでの「申し立てられた」また「伝えられるところでは」という意味の言葉ですが、日常会話でもよく使います。例えばウォーリーが作った“幻のマトリックスチャート”のように真偽は分からないけれど「本人の主張に寄ると」「うわさによると」と言うときに“alleged(何々)”と使います。

 また似たような疑念を表現するのに「いわゆる」とか「俗に言う」を意味する“so-called”を使うこともできます。不信感や軽蔑の気持ちを含めた「似て非なる」という意味で“His so-called friends likes to gossip about him when he’s not around(彼の「友達」と称する連中は、彼がいないと彼のうわさ話をする)”とか、“Her so-called perfect boyfriend was found dating another girl(彼女の言う完璧な彼氏が、別の女の子とデートしているところを目撃された)”と使ったりします。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -