ニュース
» 2017年01月05日 14時00分 UPDATE

ディルバート(482):「お役所仕事」に怒り心頭

融通の利かない縦割りシステム。あなたの会社にも、こういう“お役所仕事”の人はいませんか?

[スコット・アダムス,ITmedia]

資本分配用紙が必要なんだけど


その用紙を申請する用紙は持ってます?


用紙をもらうのに用紙がいるの?

そうやって書類の管理をしています


分かった。じゃあ、その用紙の用紙をください

オンラインで入手できます


オンラインってどこ?

知りません。私は紙専門なので


誰に聞けばいい?

私を巻き込まないでくださいよ


君の上司に話がある


上司面談用紙はお持ちですか?


  


 「利便性向上」との触れ込みで導入されたマイナンバーのおかげで、かえって企業も個人事業主も管理や手続きが煩雑になり、負担になっていると感じている人も多いかと。まったく、役所が考えることって……。

 このような形式的で非効率なお役所仕事のことを「red tape」と言いますが、“We need to cut the red tape and move more efficiently(お役所仕事をやめて、もっと効率的にならないといけない)”のように、役所や公的機関に限らず、ビジネスの場面などでも使います。語源は、18世紀イギリスで公文書などを束ねるのに赤いヒモが使われていたことに由来しています。

 その他、redを使ったイディオムは結構あります。例えば、“Catch (someone) red-handed”と言うと、現行犯で取り押さえること。“Get out of the red”とは、赤字を脱すること。また“Paint the town red”とは、どんちゃん騒ぎをすることで、18世紀にウォーターフォード侯爵という、いたずら好きで知られる人物が仲間と酔って街に繰り出し、文字通り幾つかの家々を赤く塗ったことが語源とされています。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ