ニュース
» 2017年03月30日 08時00分 UPDATE

ディルバート(494):うわっ……私の給料、低すぎ……?

社内セキュリティの死角の1つといわれる、コピー機への書類の置き忘れ。ものによっては、セキュリティの危機ばかりか、社員の精神にも危機が……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

お前、コピー機にみんなの給料が載ってる表が置きっぱなしだったぞ

おっと


今の時点で全社員が見てしまったな


みんなの士気が下がると心配すべきですかね?


いや、それは心配していない


ウォーリーが部内で一番給料が高いことがバレて、脳みそが爆発する者が出るのを恐れているんだ


パン!


長い1週間になりそうだ


その怒っている目玉をゴミ箱に入れてもらえません?


  


 そりゃあ、間違いなく複数の脳みそが爆発することでしょう。あの目玉はアリスのかしら?

 日本語ほどではないですが、英語も擬音語(onomatopoeia)がいろいろあります。今回は、破裂に関する擬音語を幾つかご紹介しましょう。

 “pow!”は「バーン!」とか「バシッ」のような打撃音ですが、“pop!”が破裂音の中でも「ポン!」と軽い感じなのに対して“pow!”はもう少し強い破裂音に使います。

 また“kapow!”は、けんかなどでげんこつで「ガツン」と殴った音や、顔を「パーン!」とひっぱたいたときの音として、アメコミなどでよく使われています。

 その他の爆発音に“bomb!”や“boom!”などありますが、“boom!”の方がもっと地響きがあるような低い爆発音をいうときに使います。

 最近アメコミなどでは“kaboom!”(ドッカーン!)などもよく見かけます。また高速で走る車の爆音を“varoom!”(ブルーン、ブンブン)といいますが、元はポップアートの巨匠Roy Lichtenstein(ロイ・リキテンスタイン)の1963年に描かれた絵(タイトル「Varoom!」)で有名になった表現でもあります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -