ニュース
» 2017年04月27日 08時00分 UPDATE

ディルバート(498):「無限ループ」な言い訳

職場を悩ますジェネレーションギャップ。何とか歩み寄りながら壁を越えられるといいのですが、中には永遠に分かり合えそうにない場合も……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

先週頼んだワイヤーフレームは完成したかい?


何も言われなかったので、必要ないんだと思っていました


先週やってくれと頼んで、君もやるって言っただろう


ええ、でも、今の今まで何も言われなかったから


やるっていうから、今の今まで君に連絡する必要がなかったんだろう!


そんなこと僕に分かるわけがないでしょう?


何も言わないから、そちらの気が変わったのだと思いました


来週までになら終わらせられるのかい?

もちろん。いちいち僕の邪魔をしなければ


  


 「忖度(そんたく)」が2017年の流行語となりつつありますが(?)、この新人類君の思考回路がまさに「悪い忖度」ってヤツですかねぇ。

 “assume”は「……と仮定する」とか「思い込む」とか「当然と思う」など、確かでない事柄について知識などに基づいて推測することを意味する動詞で、「そうだろうね」というニュアンスを表現するのに日常会話でもよく使う言葉です。例えば“I assume the store is open tomorrow.”(明日も店はあいていると思うよ)や“I assume the boss is happy.”(上司も喜んでいるだろう)と使います。

 また“assume”より確信が強いときには“I bet that”を使います。例えば“I assume he was sick yesterday.”と“I bet he was sick yesterday.”を比較すると、前者は「彼は昨日具合が悪かったようです」なのに対して、後者は「彼は昨日具合が悪かったに違いありません」と強いニュアンスが加わります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -