ニュース
» 2017年06月15日 08時00分 UPDATE

ディルバート(505):大企業の陰謀説

歴史的な事件から気象異常まで、世の中にはさまざまな陰謀説が出回っていますが、ディルバートが唱えるのは……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

今週は生産性を上げたかったのですが、大企業がそうさせてくれませんでした


そんなアホな。彼らだって人が働くことを阻止することはできんだろう


実はできます


彼らのビジネスモデルは、広告やアプリや愚かなエンタメでユーザーを妨害することで成り立っています


最近まで、人はこの手の気晴らしは拒絶できたんですが


今やIT系企業は、科学を駆使して、自らのアプリに中毒性を持たせています。われわれの脳みそをジャックすることを学んでいるのです


簡単な遊びで始まったことが、軍レベルのマインドコントロールと化してしまいました


ちゃんと聞いてます?

ちゃんと何を?


  


 “子どもだまし”とタカをくくっていても、キャンディークラッシュにハマってしまった身としては、ディルバートのことをとやかく言える立場ではありません、はい。

 ゲームなどにハマっていることを“hook”(引っ掛かる)という動詞を使って“I'm hooked on (something/someone).”といいます。“I'm hooked on playing Solitaire(ソリティアにハマっている)”などと使います。それ以外に、人に対して“I'm hooked on you.”といえば、まさに「あなたに夢中」という意味になります。

 同じく「中毒」を意味する言葉に“addiction”がありますが、こちらはどちらかというと、薬物、タバコ、ギャンブルなどの悪癖に対して使うことの方が多いです。“hooked”と同様に、人に対して“I'm addicted to you.”と使うこともできますが、人によっては“hooked”よりドロドロした男女関係をイメージしてしまうかもしれませんので、使うときはご注意を。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -