ニュース
» 2018年05月02日 08時00分 公開

ディルバート(552):ユーザーテストは「空想」で

新システムの導入は遅れているのに、ユーザーテストはオンスケ? 既にイヤな予感が……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

皆さん、新システム導入に関する必須クラスにご参加いただきありがとうございます


新システムの導入がスケジュールより遅れていますので、古いシステムを使ってトレーニングします


みんな古いシステムの使い方は分かってるよ


やりながら新システムとの違いを説明します


新システムと古いシステムは似ているの?

いえ、まったく違います


こんなひどいやり方、聞いたことがない


古いシステムのオペレーションマニュアルから抜粋したものを配ります


これってマニュアルの日本語バージョンの部分だ

そうやって全部にケチをつけるわけ!?


  


 「逆ギレ」に完全に対応する英単語はありませんが、強いていえば「怒りをぶつける対象が間違っている」という意味で“misplaced anger”(置き違いられた怒り)という表現があります。“She blamed the company for her troubles, but that is misplaced anger.”(彼女が自分のトラブルの原因は会社にあるというがそれは怒る相手を間違えている)などと言います。

 また、「八つ当たり」という意味で“take it out on someone”という表現は日常会話でもよく使います。“It's not my fault you lost your wallet! Don't take it out on me!”(財布をなくしたのは自分のせいだろう? 俺に八つ当たりするなよ)。さらに「我慢の限界でうんざりした」というなら“I've had it.”もあります。例えば“I've had it with my boss.”(もうあの上司は我慢の限界だ)と使います。

 ディルバートの職場では連日聞こえてくる言葉かもしれませんね!?

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -