連載
» 2018年08月30日 07時00分 公開

ディルバート(569):ふんわりした言い訳

予定通り終わるはずが終わらないプロジェクト……できれば“そうあってほしくない”情シスあるあるですが、どうしても許せない人もいるようで……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

ソフトは今日中に完成するって言ったじゃないか


完成するかも、って言ったんだ


終わらないと分かっていたなら、なんで完成するかも、なんて言うんだ


終わらないとは知らなかった


お前、言うことがコロコロ変わるな


君が自分の誤った記憶とボクの行動を融合させているだけだ


うそつきはみんなそう言うんだ


仕事はどうだった?

全くもっていつもと同じ……残念ながら


  


 終わらない仕事に、絡んでくる同僚。なんとも切ない日常のディルバートです。

 “flip-flop”とは、「ビーチサンダル」のこと。ビーサンを履いて歩いたときのペタペタした音からそう呼ばれるようになりました。そこから転じて、「意見がコロコロ変わる」ことを、「サンダルのゴム底が足の裏にくっついたり離れたりする様子に見立てて、“He's flip-flopping.”といいます。

 また、「態度を一変させる」ことを“about-face”といいます。“about-face”はもともと軍隊用語の「回れ右をする」ことで、そこから180度態度を変えることを表すようになりました。例えば、“The management made an apparent about-face in policy.”(マネジメントは方針を一変させた)と使います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -