ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  7

  • 関連の記事

「700万人メンタル不調時代に効く処方せん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「700万人メンタル不調時代に効く処方せん」に関する情報が集まったページです。

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
ストレスチェック義務化の開始までに会社が準備しておくべきこと
2015年12月から労働安全衛生法が改正され、50人以上の事業場において従業員に対するストレスチェックが義務化されます。残り約10カ月、会社に求められるものとは?(2015/2/25)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
過酷なストレスにさらされるITエンジニアへのストレスケアは?
「納期が絶対」「昼夜問わず業務にあたる」「自分のミスが大きな損害につながりかねないので気が張り詰める」――過酷な業務に当たるスタッフにはどのようなメンタル対策が必要でしょうか?(2015/2/12)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
人間関係でストレスを溜めないための方法
組織で業務を進めていくうえで人間関係は避けて通れません。自分や他人の感情を適切に知覚し、自己表現できる能力「EQ」とストレス反応には関連性があるようです。(2015/1/20)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
怒りや不安とうまく付き合っていくためにすべきこと
マイナスの感情は、業務に支障をきたし、評判を落とすことにもなりかねません。しかし、これらの感情は個人の受け止め方や対処の仕方によって緩和できるのです。(2014/12/24)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
部下のストレス原因にならない上司であるためには?
過干渉な親が小さい子どもに対して「これをやりなさい」「あれはやっちゃいけない」というように、上司が部下にこまごまと指示するのは考えものです。ストレスの原因とならない上司と部下の関係性とはどのようなものでしょうか?(2014/12/9)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
精神的にタフなビジネスパーソンになるための3カ条
ストレスのない生活を送ることは不可能です。でもストレスを減らすための対処法はあります。重要なポイントを3つ挙げてみました。(2014/11/11)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
あなたの会社はどう? メンタル不調者が多発する職場の特徴
ストレスが溜まる原因を問われると、「労働時間が長い」とか「高い精度を求められる」といった答えが思い浮かびます。しかし、仕事の質、量とストレス反応はあまり強い相関がないということが分かってきました。(2014/10/28)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
あなたのストレス度を診断します
簡易的なストレスチェックでストレス度を測定してみましょう。自分自身では気付いていないことについて「気付き」が得られるかもしれません。(2014/10/16)

【新連載】700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
全従業員のストレスチェック義務化でメンタル不調者は減るのか?
労働安全衛生法の一部改正により、企業は全従業員にストレスチェックを実施する義務が生じました。今回の法改正の狙いとは?(2014/9/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。