ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「かんたん携帯 840Z」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「かんたん携帯 840Z」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、「かんたん携帯840Z」で着信音量を改善するアップデートを開始
ソフトバンクモバイルは、3Gケータイ「かんたん携帯840Z」で着信音量を改善するソフトウェアアップデートを開始した。(2013/7/9)

写真で解説する「Libero 003Z」
ZTE製のAndorid 2.2搭載端末「Libero 003Z」は、3.5インチのワイドVGA液晶と500万画素カメラを搭載しつつ、重さを110グラムに抑えたコンパクトさが特徴。いわゆるグローバル仕様で国内固有のおサイフケータイなどは搭載しないが、エントリーモデルとして低価格で販売される予定だ。(2010/11/24)

ソフトバンク「かんたん携帯840Z」、10月29日に発売
ソフトバンクモバイルのZTE製「かんたん携帯840Z」が10月29日に発売される。840Zは「ワンタッチダイヤル」や「光るお知らせボタン」などの感単機能を豊富に備えている。(2010/10/27)

ワイヤレスジャパン2010:
「日本でもスマートフォンを必ず出します」――ZTE、Android端末への取り組みを強化
日本市場向けに端末ラインアップを徐々に拡大している中国の通信機器メーカー ZTEが「ZTEスマートフォン- ZTEアンドロイド携帯紹介」というテーマで講演を行った。今後はスマートフォンにも注力し、日本市場参入の可能性も示唆した。(2010/7/20)

開幕目前 ワイヤレスジャパン、端末メーカーブースの見どころは
7月14日の開幕を目前にひかえた、ワイヤレス・モバイル機器の専門展示会「ワイヤレスジャパン2010」。携帯端末メーカーブースの見どころをチェックした。(2010/7/8)

目標は世界シェア5位、ニーズがあれば日本にスマートフォン投入も――ZTEに聞く端末戦略
データ通信端末を含む端末シェアで、世界第6位に躍進したZTE。2010年は日本市場向けに3G対応のネットワークカメラや音声端末を投入するなど、ラインアップの幅を広げつつある。日本、そして世界シェア拡大に向けた2010年の取り組みについて、ハンドセット部門で副社長を務める張氏に聞いた。(2010/6/2)

2010年夏モデル:
ZTE初の国内向け音声端末はベーシックな“かんたん携帯”――「840Z」
中ZTE製の「840Z」は、ワンタッチダイヤルボタンや不在通知、操作方法を光って教えてくれるボタンを搭載したシニア向けの“かんたん携帯”。大きな文字表示を採用するなど、見やすさや分かりやすさを追求した。(2010/5/18)

全機種Twitter対応、13Mカメラ、ガンプラケータイも――ソフトバンクモバイル 2010年夏モデル発表
ソフトバンクモバイルの2010年夏モデルは、音声端末全モデルにTwitterウィジェットを搭載。ケータイからでもTwitterが楽しめる仕組みを用意した。またガンプラ30周年を記念したコラボモデルも登場する。(2010/5/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。