ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ソフトバンクが「HTC U11」を6月下旬以降に発売、VR端末「LINK」も
ソフトバンクがHTCの新型スマートフォン「HTC U11」を発売する。5.5型のQHD液晶に、握るだけでショートカット操作が可能な「エッジ・センス」を搭載。HTC U11と接続するVR ヘッドマウントディスプレイ「LINK」も取り扱う。(2017/5/25)

ブラジルの配車サービス「99」:
ソフトバンク、ブラジル配車サービス99に1億ドル出資
ブラジルで配車サービスを手掛ける「99」にソフトバンクグループが1億ドルを投資する。(2017/5/25)

ソフトバンクはNVIDIA株式40億ドル相当を保有──Bloomberg報道
ソフトバンクは「ビジョン・ファンド」発表の際、NVIDIA株式を保有していることを公表したが、その保有率は約4.9%で第4位の大株主であり、金額は40億ドルだとBloombergが報じた。(2017/5/25)

ドコモも「Xperia XZs」を5月26日に発売 3キャリアから出そろう
ドコモが「Xperia XZs」を5月26日に発売する。国内ではauとソフトバンクを加えた3キャリアが扱う。「Motion Eyeカメラシステム」の搭載でカメラ機能が進化した。(2017/5/24)

アイス、コーヒーなど提供:
SBの「SUPER FRIDAY」6月特典にセブンの商品
ソフトバンクが、スマホユーザー向けキャンペーン「SUPER FRIDAY」の6月度の特典を発表。セブン‐イレブンのPB商品を無料提供する。(2017/5/23)

ソフトバンク、毎週金曜に特典がもらえる「SUPER FRIDAY」 6月はセブン‐イレブンの商品をプレゼント
ソフトバンクの「SUPER FRIDAY」が6月、8月、10月にも実施することが決まった。6月はセブンイレブンで人気商品の「セブンプレミアム ワッフルコーン ミルクバニラ」などいずれか1個プレゼントする。(2017/5/23)

ソフトバンクの「Xperia XZs」が5月26日発売 「VoLTE(HD+)」も提供開始
ソフトバンク版「Xperia XZs」の発売日が決まった。それに合わせて、合わせて「VoLTE(HD+)」の提供も開始する。(2017/5/23)

チャットボットに話しかけるだけで営業活動を登録――SBTの営業支援ツールを開発
ソフトバンク・テクノロジーが、営業担当者向けにチャットボットを利用した活動報告ツールを開発。7月から提供を開始する。(2017/5/23)

2017年7月に顧客への提供開始:
ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotを利用したB2B向け営業支援ツールを開発
ソフトバンク・テクノロジーは、チャットbotを利用したB2B向け営業支援ツール「Dynamics 365 活動報告用 BOT」を開発し、自社へ先行導入したと発表した。(2017/5/23)

雪に埋もれた遭難者のスマホ、ドローンが位置特定 ソフトバンク
約4メートルの雪に埋もれたスマホの位置を、中継局を載せた気球とドローンで特定する実験の結果をソフトバンクがまとめた。(2017/5/22)

連結対象に追加:
ソフトバンク、10兆円規模のファンド設立 投資に注力
ソフトバンクグループが、テクノロジー分野に投資するファンド「SoftBank Vision Fund」を設立。米Appleなどから約10.4兆円を調達した。ファンドは同社の連結対象に加える。(2017/5/22)

ソフトバンク傘下のARM、脳埋め込みチップ開発に協力
半導体企業のARMは、埋め込むチップの開発で米CSNEと提携したと発表した。神経系疾患によるけいれんなどを制御し、手の感覚回復を支援するためのBBCIチップを開発する。(2017/5/22)

ソフトバンクの10兆円ITファンド、Appleやシャープも参画で発足
ソフトバンクはIT関連企業への出資を目的とした「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を約930億ドル規模で発足したと発表した。サウジアラビア、アブダビ首長国の政府やApple、Qualcomm、シャープなどが参画する。(2017/5/22)

携帯販売ランキング(5月8日〜5月14日):
総合ランキング、au「iPhone 7(128GB)」が2連勝
前回ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」からトップを奪ったau「iPhone 7(128GB)」が連勝。Y!mobileの「iPhone SE(32GB)」がトップ10内に復帰。ドコモでは初ランクインした機種も(2017/5/20)

ソフトバンク、プラモ感覚で手軽に作れる組み立て式ミニドローン「LIVE CAM DRONE」の販売を開始
ソフトバンクは、スマートフォンでの機体操作に対応した空撮カメラ搭載組み立て式ドローン「LIVE CAM DRONE」の取り扱いを発表した。(2017/5/16)

「IIJmio」は95.1万回線に ソフトバンクSIMはMVNEとして提供する? IIJ決算
IIJが2016年度通期の決算について発表。モバイルサービスの総回線数は185万6000になり、16年度は62万8000の純増となった。2017年度はさらなる純増を目指す。(2017/5/15)

石野純也のMobile Eye:
曲がり角を迎える“キャリアの戦略” KDDIとソフトバンクの決算を読み解く
2016年度は増収増益と好調のKDDIとソフトバンク。一方で2社とも、1人辺りからの収益であるARPUを上げる戦略が、曲がり角を迎えていることがうかがえる。今後はどんな戦略で収益を上げていくのだろうか。(2017/5/13)

携帯販売ランキング(5月1日〜5月7日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」の連勝は33でストップ
総合ランキングは、発売以来トップを続けてきたソフトバンク「iPhone 7(128GB)」がついに陥落。au「iPhone 7(128GB)」にその座を譲った。(2017/5/13)

ソフトバンクの「Galaxy S6 edge」がAndroid 7.0にバージョンアップ
ソフトバンクの「Galaxy S6 edge」に、Android 7.0へのバージョンアップが提供された。(2017/5/11)

純利益初の1兆円超え:
ソフトバンクは「金の卵を産むガチョウ」 孫社長の自信
ソフトバンクグループが2017年3月期の連結決算を発表。最終利益が初めて1兆円を突破した。記者会見では、孫正義社長が事業に対する自信と今後の展望を語った。(2017/5/11)

ソフトバンク、IGZO×大容量バッテリーで長時間使える「AQUOS ea」を7月中旬以降発売
ソフトバンクが、SoftBankブランドからAQUOSスマートフォンの新ミドルレンジモデルを発売する。IGZO液晶と3010mAhの大容量バッテリーで長時間使えることが大きな特徴だ。(2017/5/11)

ソフトバンク、3日以上の連続待受をうたうタフネススマホ「DIGNO G」を7月上旬以降発売
ソフトバンクが、SoftBankブランドからDIGNOスマートフォンの新モデルを発売する。MIL規格に準拠した防水・防塵(じん)・耐衝撃性能を備え、3日間以上の連続待ち受けを実現している。(2017/5/11)

シャープの「AQUOS R」がソフトバンクから登場 5.3型WQHD液晶、下り最大612Mbps通信
ソフトバンクが「AQUOS R」を7月上旬以降に発売する。シャープがブランド名を変更した新フラグシップスマホ。5.3型WQHD液晶を搭載し、下り最大612Mbpsの通信に対応する。(2017/5/11)

ソフトバンクが「Xperia XZs」を5月下旬以降に発売 新開発のMotion Eyeカメラを搭載
ソフトバンクがソニーモバイルの「Xperia XZs」を発売する。基本スペックはXperia XZを踏襲しているが、カメラが大きく進化。スーパースローモーション撮影や先読み撮影が可能。(2017/5/11)

AIは早くやったやつが勝つ 10分の1の時短を実現したソフトバンクのWatson活用法
Watsonを積極的に活用しているソフトバンクが、「Watson Summit 2017」の基調講演で、自社内でのWatson活用事例を紹介した。特定の業務量が半分になったり、所要時間が10分の1になったりするケースも出ているという。(2017/5/11)

孫社長が語る米国戦略 2019年に2.5GHz帯の5Gサービス開始、T-Mobileの買収意欲が再燃
ソフトバンクグループ、Sprint、Qualcommの3社が、2.5GHz帯を使った5G技術を共同で開発する。2019年後半に、5Gに対応した商用サービスと端末を米国で提供する予定。孫社長は「最も先進的なネットワークを、誰よりも早く大規模で作る」と自信を見せる。(2017/5/10)

ソフトバンク、最終利益が1兆円突破 トヨタに続く国内2例目 「感動はない。全くの通過点」と孫社長
最終利益は1兆4263億円で、前期と比べて約3倍(4741億円)だった。(2017/5/10)

戦略策定から運用まで:
ソフトバンクC&S、B2Bデジタルマーケティング運用支援サービスを提供開始
ソフトバンク コマース&サービスは、B2B向けデジタルマーケティング運用支援サービスの提供を開始する。(2017/5/10)

ITライフch:
auとSoftBankのユーザーはSIMロック解除をしたほうがよい その理由とは?
制度ができあがりつつある「SIMロック解除」。しかし、利用したことのないかたがほとんどでしょう。ただ、auやSoftBankのスマホは、SIMロック解除は行なっておいたほうがよいといえます。その理由についてお伝えします。(2017/5/10)

ソフトバンク、「ギガモンスター」のテザリング無料期間を再延長 3社横並びに
ソフトバンクが大容量プラン「ギガモンスター」向けテザリングオプションの無料期間を再延長。2018年3月31日まで。ドコモとauに追随した形だ。(2017/4/28)

ソフトバンクユーザー、月額料金そのままで「Yahoo!プレミアム」が使い放題に
ヤフーとソフトバンクは、SoftBankブランドの携帯電話ユーザーを対象に月額会員サービス「Yahoo!プレミアム」の全特典を使い放題にする。同日からは、Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用で通常5倍付与される購入時ポイントを10倍付与とするキャンペーンも実施する。(2017/4/26)

ソフトバンク、「ギガモンスター」用テザリングオプションの料金を半額に 無料キャンペーンは延長
ソフトバンクが、「ギガモンスター」(データ定額 20GB/30GB、家族データシェア 50GB/100GB)用のテザリングオプションの無料キャンペーンを7月31日まで延長した。また、キャンペーン終了後に課金が始まるオプション料金を500円に値下げした。(2017/4/25)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ARMが進めるIoT戦略
ソフトバンクに買収されたARMはどうなるのか? ARM HoldingsのシガースCEOに同社の現状とIoT戦略についてインタビューした。他に、フラッシュ専用プロトコルNVMeやiOSのセキュリティ機能ATSの解説、Googleが公開した開発ツールやLinuxのホットパッチ機能などについてお届けする。(2017/4/24)

携帯販売ランキング(4月10日〜4月16日):
ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が総合ランキング31連覇
ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が31連覇。総合ランキング上位をiPhoneの各モデルが占める状態が長く続いている。auランキングにはタフネススマホ「URBANO V3」が初ランクイン。(2017/4/22)

製造業IoT:
IoT活用の「やりたい」に注力できる、「sakura.io」は月額料金60円
さくらインターネットは、2017年5月上旬からIoTプラットフォーム「sakura.io」の提供を開始すると発表した。価格は、ソフトバンクのLTE閉域網を用いる通信モジュールの単価が8000円で、sakura.ioの月額利用料金が通信モジュール1台につき60円。2017年度の1年間で10万台の通信モジュールの販売を見込む。(2017/4/19)

携帯販売ランキング(4月4日〜4月9日):
Y!mobileの「iPhone SE(32GB)」が総合ランキングに登場
総合ランキングに、3月25日に発売されたY!mobile「iPhone SE(32GB)」が初ランクイン。トップのソフトバンク「iPhone 7(128GB)」がついに30連覇を達成。(2017/4/15)

ソフトバンク、英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」を発売 キャンペーンも実施
ソフトバンク コマース&サービスは、英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」の発売を記念したキャンペーンを開催。利用に必須のライセンス「Friend Plan」の期間限定無料提供や、会話例文集「毎日シンプル 英会話フレーズ1000」をプレゼントする。(2017/4/14)

MVNOに聞く:
Y.U-mobileが「ヤマダニューモバイル」を始める狙い、ソフトバンクSIMの勝算
U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社、Y.U-mobileが「ヤマダニューモバイル」を提供。既存のU-mobileサービスをリニューアルする狙いはどこにあるのか。またU-NEXTに続きY.U-mobileも扱う予定というソフトバンクSIMの勝算はあるのか。(2017/4/13)

IIJmio meeting 15:
ソフトバンクSIMの提供は? Y!mobileとUQは脅威? mineo×IIJmioトークセッション
4月8日に大阪で開催された「IIJmio meeting」で、ケイ・オプティコムとIIJがトークセッションを実施。ソフトバンクSIM、サブブランドについて、通信品質、カウントフリーなどについて、語り合った。(2017/4/11)

中古スマホ販売/買取ランキング:
中古販売はiPhone 5sと6の一騎打ち SIMフリーは1万円台以下が人気 ゲオ3月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。3月の販売はiPhone 5sとiPhone 6が人気。auとソフトバンクでは6が1位となった。(2017/4/10)

携帯販売ランキング(3月27日〜4月2日):
SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」が5週ぶりに総合ランキング入り
総合ランキングにおけるソフトバンク「iPhone 7(128GB)」の連勝が、30にあと1と迫った。SIMロックフリー端末の「Huawei P9 lite」が5週ぶりに帰ってきた。(2017/4/8)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
高速化するモバイルルーターへの「不安」/Y!mobileの「3日10GB」追随が寂しい件
NTTドコモとソフトバンクが「下り最大600Mbps超」のサービスを開始しました。より高速な通信を提供してくれること自体は歓迎すべきことなのですが……。一方、Y!mobileはモバイルルーターの短期間容量制限を「3日10GB」に緩和しました。UQ WiMAXに追随した形ではありますが……。(2017/4/6)

SBT/ダイキン工業/青山キャピタル 実証実験プロジェクト:
職場環境とストレス度の相関は? ベルト装着型IoTデバイスで生体情報を計測
ソフトバンク・テクノロジーとダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター、青山キャピタルは、ベルト装着型IoTデバイスを用い、職場環境とストレス度の相関などについて計測・検証する実証実験プロジェクトを、2017年7月から開始する。(2017/4/6)

法制度・規制:
「電力自由化」認知度は90%以上、切り替えた人は……
ソフトバンクは、20〜50代の男女500人を対象とした、電力自由化に関する調査結果を発表した。(2017/4/5)

ITライフch:
日本通信からソフトバンク回線を利用した格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」ついに発売
日本通信は、ソフトバンク回線を利用したMVNO SIM「b-mobile S 開幕SIM(b-mobile S)」を発売した。現時点では「データ通信専用SIM」のみの販売で、1GB 880円/月〜の4プランを用意。ソフトバンクのSIMロック解除をしていないiPhoneやiPadでも利用可能という。(2017/4/4)

携帯販売ランキング(3月20日〜3月26日):
赤い「iPhone 7/7 Plus」発売、128GB/256GBモデルが好調
各ランキング上位はほとんど動きがない。総合ランキングでのソフトバンク「iPhone 7(128GB)」の連勝は28に。(2017/4/1)

外でもノートPCでネットしたい! Wi-Fiスポットの基本ワザ(ソフトバンク編)
家の中はもちろん、外にも持ち出して使えるノートPC。外出先でもインターネットにつながれば、もっと便利に使えます。そんなとき、「Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)」サービスが役に立ちます。この記事では、ソフトバンクが提供している「ソフトバンク Wi-Fiスポット」「BBモバイルポイント」を使って外出先でPCをインターネットにつなげる方法をご紹介します。(2017/3/31)

Softbank Brainとは:
ソフトバンクが「社内AI」で進める営業改革
ソフトバンクは、IBMのコグニティブ・システム「Watson」をベースにした社内AI「Softbank Brain」を開発し、社員のサポートに生かしている。Brainはどのような機能を持ち、社員の業務効率化にどう役立っているのだろうか。(2017/3/30)

石野純也のMobile Eye:
速度は十分だがサービスの拡充が必要 日本通信のソフトバンクSIMを使って感じたこと
ソフトバンク回線を使ったMVNOサービスがついに始まった。日本通信や、同社をMVNEとするMVNOが料金プランを発表。このソフトバンクのSIMはどこまで使えるのか? 実際に契約をして検証した。(2017/3/25)

携帯販売ランキング(3月13日〜3月19日):
ソフトバンクの「iPhone 7(128GB)」が27連覇、Y!mobile「S1」は3週連続総合トップ10入り
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」連勝を27に伸ばした。Y!mobileのAndroid Oneスマホ「S1」は3週連続トップ10入り。(2017/3/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。