ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会で「携帯電話分野の意見交換会」スタート――そもそも「4年縛り」の元凶は総務省ではないのか
公正取引委員会において「携帯電話分野の意見交換会」が始まった。auとソフトバンクが取り入れている「4年縛り」が標的になりそうだが、総務省の「規制」によって生まれた販売方法を、総務省が公取委を使ってどうにかしようとすることは、果たして説得力を持つのだろうか。(2018/4/20)

Y!mobileの一般向けPHS、2020年7月末でサービス終了
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobile向けPHSサービスを2020年7月末で終了する。新規契約や機種変更の受付は、2018年3月31日で終了済み。Y!mobileのケータイやスマートフォンにお得に変更できるキャンペーンを実施する。(2018/4/19)

米携帯子会社の会計処理巡り:
ソフトバンクGが約939億円申告漏れ、追徴税額約37億円
ソフトバンクグループが米携帯子会社の会計処理をめぐり、東京国税局から約939億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。(2018/4/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ソフトバンクの「うまくいかなかったらごめんなさい」に驚いた
正直なところ会見でそうそう聞かないコメントです。(2018/4/17)

PR:まだ“現実”(リアル)で仕事をしてるの? 日本マイクロソフト、オートデスク、ユニティが語る「産業VR/AR発展の鍵」
ソフトバンク コマース&サービスとBBソフトサービスは3月30日、「産業VR/AR発展の鍵は?」と題した特別企画セッションを開催した。日本マイクロソフト、オートデスク、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの3社が登壇し、ビジネス向けVR・ARの現状と未来を語った。(2018/4/17)

Mobile Weekly Top10:
キャリア共通「+メッセージ」は普及する?/耳をふさがない「Xperia Ear Duo」
NTTドコモ、KDDIとソフトバンクが共同で「+メッセージ」というメッセージングサービスを開始します。今回のランキングではトップ10に入った記事のうち5記事が+メッセージ関連のものでした。(2018/4/16)

蓄電・機器:
究極の“リチウム空気電池”、ソフトバンクとNIMSが共同開発へ
ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)が、究極の二次電池とされる「リチウム空気電池」の共同開発に着手。2025年の実用化を目指すという。(2018/4/13)

「リチウム空気電池」開発へ 空気中の酸素使う“究極の蓄電池”
ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)が「リチウム空気電池」の実用化を目指す。空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生み出し、従来のリチウムイオン電池と比べると、重量エネルギー密度が5倍以上になる「究極の蓄電池」という。(2018/4/12)

研究開発の最前線:
リチウム空気電池の開発にソフトバンクが参入「IoT最大の課題を解決する」
ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)は、リチウムイオン電池の5倍のエネルギー密度が期待されるリチウム空気電池の実用化を目指す「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を締結。同センターの活動により、NIMS単独の研究で2030年ごろとしていたリチウム空気電池の実用化時期を、2025年ごろに早めたい考えだ。(2018/4/12)

日本通信、ソフトバンク回線でiPhoneのテザリングが利用可能に
日本通信が、ソフトバンク回線にてiPhoneとiPadでテザリング機能が利用可能になったことを発表。4月11日に機能追加が完了した。ソフトバンクがMVNOに対してテザリングを解放した形だ。(2018/4/11)

2025年に「リチウム空気電池」の実用化へ ソフトバンクと物質・材料研究機構が連携
ソフトバンクは、4月11日に物質・材料研究機構と「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を締結。両者はセンターでの共同研究を通し、次世代の電池である「リチウム空気電池」の実用化に向けて連携を開始する。(2018/4/11)

ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 8/8 Plusの「(PRODUCT)RED」取り扱い 販売条件は既存モデルと同等
Appleが4月9日に発表した「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の特別カラー「(PRODUCT)RED」。ドコモ、au、ソフトバンクも取り扱いを決定した。(2018/4/10)

ライバル同士が協力:
携帯大手3社がLINE対抗 SMS活用「+メッセージ」スタートへ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが新サービスで協力。3社は4月10日、電話番号だけで長文のメッセージ交換や写真・動画のやりとりができるアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日にリリースする。(2018/4/10)

ドコモ、au、ソフトバンク、SMSを進化させた「+メッセージ」を導入 RCSに準拠
ドコモ、KDD、ソフトバンクが、新たなメッセージサービス「+メッセージ」を導入する。SMSを代替するもので、全角最大2730文字のテキストを送受信できる。ファイルの送受信やビデオ電話などが可能になる。(2018/4/10)

携帯販売ランキング(3月26日〜4月2日):
総合ランキング、「iPhone X(64GB)」が10週ぶりのランクイン
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が3週連続1位。4位にソフトバンク「iPhone X(64GB)」。(2018/4/7)

リチウム購入権も獲得:
ソフトバンク、リチウム生産会社に83億円出資 EV・スマホ需要を見据え
ソフトバンクグループがカナダNemaska Lithium Inc.に83億円を出資すると発表。スマホやEVの需要増加が見込まれており、リチウム電池のニーズが拡大すると予測したため。長期にわたってリチウムを購入できる権利も得る。(2018/4/6)

ソフトバンク、駐車場シェアに参入 パートナー募集
個人・法人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーをマッチングするパーキングシェアリングサービスをソフトバンクが夏にスタートへ。(2018/4/5)

ファストリ柳井社長らも:
「日本長者番付」、孫正義氏が2連覇 その資産額は?
「Forbes JAPAN」が「日本長者番付 2018」を発表。トップはソフトバンクグループの孫正義社長で、2年連続の首位。ファーストリテイリングの柳井正社長らもランクインしていた。(2018/4/5)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう?
NTTドコモが「海外1dayパケ」の代替サービスとして提供を開始した「パケットパック海外オプション」。事前準備なしで使ってみました。ソフトバンクの訪日旅行客向け「Prepaid SIM for Travel」の販売状況もチェックします。(2018/4/5)

国内採用ユーザーも誕生:
PR:NetApp HCIは、他のHCIで足りない部分をカバーする、「本格派」のための製品
ネットアップの「NetApp HCI」は、ユニークなハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品だ。この製品の魅力について、ネットアップと、同製品を扱うディストリビューターであるソフトバンク コマース&サービス(以下、ソフトバンクC&S)のエキスパートたちが語り合った。(2018/4/3)

前進なければ死あるのみ:
「ワイモバ」トップが熱弁 躍進の裏に“ウィルコムの教訓”あり
「Y!mobile」は、なぜ競争が激化する格安SIM市場で勝ち続けるのか。その背景には、前身ブランド「WILLCOM」の失敗で得た教訓が生きているという。ウィルコムで要職を歴任し、現在はワイモバのトップを務めるソフトバンク寺尾洋幸執行役員に話を聞いた。(2018/4/2)

雪中のスマホが発するGPS信号を捉える:
山岳での遭難者捜索にドローン活用 ソフトバンクが実証実験
山岳での遭難救助などにドローンを活用するための実証実験を、ソフトバンクが北海道で行う。携帯電話が発信するGPS信号を上空から捉え、遭難者の位置を特定するという。(2018/4/2)

太陽光:
サウジアラビアとソフトバンク、計200GWの太陽光発電事業を推進
サウジアラビアとソフトバンクは、同国の太陽光発電産業を振興する投資について覚書を締結した。同国内に今後設立される太陽光パネルの生産・流通拠点は、世界最大となる計200GWの能力を持つという。(2018/4/2)

携帯販売ランキング(3月19日〜3月25日):
3キャリアの「iPhone 8」とY!mobileの「iPhone SE」が好調
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が2週連続1位。SIMロックフリー「HUAWEI P10 lite」は7位に後退。(2018/3/31)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
全力で駆け抜けた川崎宗則から、学ぶべきこと
福岡ソフトバンクホークスが川崎宗則内野手の退団を発表した。なぜ川崎は多くのファンから愛されたのか、なぜ心の病を患うことになったのか。彼の素顔は……?(2018/3/29)

ドコモ、au、ソフトバンクが「新しい9.7インチiPad」の取り扱いを発表【価格等追記】
3月27日(米国中部夏時間)に発表された「新しい9.7インチiPad」。早速、国内大手キャリアが取り扱いを決定した。(2018/3/28)

ソフトバンクが実証実験:
5G基地局とトラック間で1ミリ秒以下の通信を実現
ソフトバンクは5G(第5世代移動通信)の実証実験で、高速で走行するトラックと基地局間の片道の通信が、1ミリ秒以下を達成したと発表した。(2018/3/27)

ビニールハウス内のさまざまなデータをスマートフォンで確認できる「温湿見張り番」
ソフトバンク コマース&サービスは、インデクサー製のビニールハウス監視用センサー「温湿見張り番」の取り扱いを発表した。(2018/3/26)

ソフトバンクグループ、「ソフトバンク」ブランドの使用権の一部をソフトバンクに譲渡 3500億円で
ソフトバンクグループは、「ソフトバンク」ブランドについて、原則無期限の使用権許諾を、傘下の事業会社ソフトバンクに3500億円で譲渡すると発表した。(2018/3/26)

携帯販売ランキング(3月12日〜3月18日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が首位奪還
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」がトップに。NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」は3連勝でストップ。(2018/3/24)

ソフトバンクグループの宮内副社長が取締役に 上場検討に伴い経営へ専念
ソフトバンクグループは、代表取締役副社長の宮内謙氏を取締役とする人事異動を3月23日に発表。併せてソフトバンクの経営の独立性を確保するため、孫正義氏は代表権のない取締役会長となる。これらの措置はソフトバンクの上場検討に伴うもの。(2018/3/23)

「スタジアムのような臨場感」 プロ野球の試合、VRでライブ配信 ソフトバンクが実験
ソフトバンクホークスの試合をVRでライブ配信する実証実験が始まる。VRアプリとゴーグルを使って好きな視点から視聴でき、「まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を楽しめる」という。(2018/3/22)

ソフトバンク、ファーストサーバとIDCフロンティアを傘下に ヤフーから買収
ソフトバンクは、ファーストサーバとIDCフロンティアの全株式をヤフーから取得する。買収を通じ、クラウドコンピューティングサービスを充実させるとしている。(2018/3/22)

LINEモバイルとソフトバンクの提携が完了 2018年夏にSB回線のサービスを提供
LINEモバイルとソフトバンクの資本・業務提携が完了した。LINEモバイルはソフトバンクの子会社になる。2018年夏をめどに、ソフトバンク回線のサービスを提供予定。(2018/3/20)

ソフトバンク、カメラとワンセグ非搭載の「DIGNO ケータイ2 for Biz」を3月23日に発売
ソフトバンクは、法人向けケータイ「DIGNO ケータイ2 for Biz」を3月23日に発売。カメラとワンセグが非搭載のモデルで、業務に不要な機能などをまとめて制限できる「ケータイ機能制御」に対応している。(2018/3/19)

Mobile Weekly Top10:
“納得”行く通信料金とは?/「フルMVNO」のメリットは?
今回のランキングでは、「auひかり ホーム」の契約条件変更や、auとソフトバンクの「テザリングオプション」を巡る記事が複数ランクインしました。(2018/3/19)

ソフトバンク、テザリングの無料期間を2018年5月31日までに再々延長
ソフトバンクが、2018年3月31日まで実施予定だったテザリングの無料キャンペーンを、2018年5月31日まで延長した。ギガモンスターや家族データシェアなどの大容量プランが対象。該当ユーザーにはメールで案内している。(2018/3/16)

5G経由で工事用ロボットを遠隔制御 4Gの10倍の伝送速度――ソフトバンクと大成建設が共同実証
ソフトバンクと大成建設は、建設現場における省人化と建設機械の遠隔操作による作業効率化を目的に、5Gを活用した共同実験を実施した。現行の4G通信と比較して、建設機械の制御信号と高画質のカメラ映像を10倍の速度で伝送できることを確認したという。(2018/3/16)

携帯販売ランキング(2月26日〜3月4日):
「HUAWEI P10 lite」が上昇、「らくらくスマートフォン me」が総合ランクイン
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が2連勝。2位ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」、3位au「iPhone 8(64GB)」。(2018/3/11)

ソフトバンクの企業向けサービスに欠かせないパートナーの存在
企業課題に最適解を――ソフトバンクと提案力強化を実現する手法
人手不足が深刻化する今、生産性向上の鍵を握るのがITを活用した新しい働き方だ。しかし企業ごとに最適解は異なる。多様なニーズに応える体制を築く新たな選択肢とは。(2018/3/12)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

携帯販売ランキング(2月19日〜2月25日):
Y!mobileの「S1」が久々に総合トップ10入り
トップはNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が初めてのトップ。ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」の9連勝ならず。(2018/3/3)

叶姉妹、堀江貴文らが講師に ソフトバンク、スマホで“授業動画”を無料公開
ソフトバンクは縦型動画コンテンツ「私立スマホ中学」を公開した。(2018/3/1)

専門知識不要で誰でも使える:
ソフトバンク、機械学習クラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS」を提供開始
ソフトバンクは、機械学習による高度なデータ分析、予測を可能にするクラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS」を、2018年4月から提供開始する。(2018/2/28)

My SoftBank IDを詐取するフィッシングメールが出回る
フィッシング対策協議会は、ゲームのキャンペーンを装ったMy SoftBank ID詐取が目的のフィッシングメールについて発表。携帯電話番号、パスワード、設定中メールアドレスなどを入力しないよう注意を呼び掛けている。(2018/2/27)

携帯販売ランキング(2月12日〜2月18日):
総合ランキングにY!mobile「iPhone SE(32GB)」「iPhone 6s(32GB)」が同時ランクイン
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が8連勝。Y!mobile「iPhone 6s(32GB)」が10位に入った。(2018/2/24)

24時間365日稼働で分析人材の育成を支援:
ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を育成するAIチャットbot「SIGNAL AI」を発表した。(2018/2/23)

AIチャットbotがWebサイトの分析・改善トレーナーに データ活用人材の育成も――SBTの「SIGNAL AI」 4月提供開始
ソフトバンク・テクノロジー(SBT)が、Webマーケティングを支援するAIチャットbot「SIGNAL AI」の提供を4月から開始。Webサイトの分析や最適化のためのアドバイスをチャットでいつでも問い合わせできるうえ、FAQや動画学習により、データ活用人材の育成にも活用できる。(2018/2/23)

携帯3社がSMS仕様統一 LINEなどに対抗 他社間でも長文・動画送信
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯電話3社が、他社間のSMS送受信の際、長文や動画が送れるように調整している。4月にも発表し、夏までにサービスを拡充させる見通し。(2018/2/23)

「データ容量購入」「契約内容確認」に対応――ソフトバンクが公式LINEアカウントを機能強化
ソフトバンク契約者が、「LINE」を使ってデータ容量の追加購入や契約内容の確認をできるようになる。利用には、ソフトバンク公式アカウントをフォローしたLINEアカウントと、My SoftBankアカウントとのひも付けが必要だ。(2018/2/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。