ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

コンテナセキュリティ、5つの勘所とは?:
PR:DevSecOpsも実現できる。コンテナアプリを脅威から簡単・確実に守る方法
Web/モバイルアプリケーションが重要な顧客接点となっている近年、ITサービス開発・改善のスピードを獲得するべく、コンテナ活用に乗り出す企業が増えている。だが重要なのは「スピード」だけではない。セキュリティも確実に担保しなければ自社の社会的信頼を失墜させてしまう。ではスピードやポータビリティといったコンテナのメリットを享受しながら確実にセキュリティを担保するためにはどうすればよいのか? コンテナセキュリティに詳しいソフトバンク コマース&サービスの竹石渡氏に話を聞いた。(2018/12/7)

ソフトバンク通信障害で注目集めたテレホンカード、どこで買える? NTT東に聞いてみた
どのくらい売れているのかも聞いてみました。(2018/12/11)

ソフトバンク通信障害の原因は「エリクソンの技術的ミス」 エリクソン・ジャパンが説明
エリクソン・ジャパンが、12月6日に発生したソフトバンクの通信障害の原因について説明した。通信障害が発生した原因は、コアネットワークにあるMME(Mobility Management Entity)のソフトウェア証明書の有効期限が切れていたため。ただし根本原因は依然として調査中。(2018/12/10)

うんこボタン、暫定対応版を提供開始
ソフトバンクの障害と同様の「証明書期限切れ問題」で全品交換となった「うんこボタン」のその後。(2018/12/10)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンク・Y!mobileで約4時間の通信障害/「PayPay」フィーバー
ソフトバンクとY!mobileの4G LTEネットワークを使う通信サービスが、12月6日に大規模な通信障害を起こしました。その原因は意外なことに「ソフトウェアの証明書」でした。(2018/12/10)

HuaweiとZTE政府調達から排除、携帯大手は次世代基地局見直しも
政府が7日、HuaweiとZTEの製品を政府調達から事実上、排除する方針を決めたことで、華為の基地局を設置しているとされるソフトバンクなど携帯電話大手各社は事業の見直しを迫られる可能性がある。(2018/12/10)

携帯販売ランキング(11月26日〜12月2日):
"値下げ”効果か ドコモの「iPhone XR」が急上昇ランクイン
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で6週目。ここに来てソフトバンクとNTTドコモの「iPhone XR」が順位を上げている。NTTドコモ「iPhone XR(64GB)」はこれが初の総合ランキング登場だ。(2018/12/8)

ソフトバンクの障害は「重大な事故」 総務大臣が見解 行政指導も検討
石田総務大臣が閣議後の記者会見で、12月6日に発生したソフトバンクの通信障害についてコメント。「電気通信事業法上の重大な事故」であるとの見方を示した。(2018/12/7)

財布を忘れて出掛けた先でソフトバンクの通信障害に遭遇 ピンチを乗り切った実録漫画に反響
切り抜けられたのがすごい。(2018/12/7)

ソフトバンクの障害、LINEモバイルの「詫びギガ」対象外
ソフトバンクの障害で、LINEモバイルユーザーは「詫びギガ」がもらえると盛り上がっているが、LINEによると今回の障害は、「詫びギガ」付与の対象外という。(2018/12/7)

ソフトバンクの通信障害は「重大な事故」? 総務省「詳細を確認中」
12月6日13時59分頃から18時4分までの約4時間にわたって発生したソフトバンクの大規模な通信障害。総務省令で定める「重大な事故」に該当するのだろうか。現時点の状況を総務省に確認した。(2018/12/7)

ソフトバンクの通信障害 エリクソン製機器が原因 海外の通信事業者でも同様の障害
エリクソン製パケット交換機でソフトウェアに異常が発生したことが原因。(2018/12/7)

ソフトバンクの通信障害 総務省、業務改善命令も 19日上場予定、イメージダウン必至
ソフトバンクが全国で提供する携帯電話サービスで6日、大規模な通信障害が発生し、音声通話とデータ通信がつながりにくくなった。19日に上場を控える同社にとってイメージダウンは必至だ。(2018/12/7)

ソフトバンクの通信障害、原因は「エリクソン製交換機」 ソフトウェア証明書の期限切れ
ソフトバンクが、12月6日に発生した通信障害の原因を特定。エリクソン製交換機のソフトウェア証明書の期限切れだった。同ソフトウェアを使う海外11カ国でも障害が起きた。(2018/12/7)

ソフトバンク、通信障害の原因を公表 エリクソン製交換機ソフトの「期限切れ」
エリクソン製通信設備を導入した11カ国で同時刻に障害が発生していたという。(2018/12/7)

コード決済に不安の声が相次ぐ ソフトバンク通信障害で
ソフトバンクの通信障害の影響で、スマートフォンを使ったコード決済サービスが利用できなかったという報告がネット上で相次いだ。(2018/12/6)

ソフトバンク通信障害はエリクソン製設備が原因か Financial Times報道
12月6日に起きたソフトバンクの通信障害は、Ericsson製の通信設備が原因であると英Financial Timesが同日(日本時間)に報じた。(2018/12/6)

Suica、電子チケットにも影響 ソフトバンク通信障害で“二次被害”相次ぐ
12月6日午後にソフトバンクのモバイル回線で大規模障害が起きたことで、さまざまな分野に影響が出た。(2018/12/6)

ソフトバンク、携帯の通信障害は復旧と発表 原因は「交換設備の不具合」発生から約4時間半
やっと解消されました。(2018/12/6)

ソフトバンクの通信障害が復旧
12月6日13時39分頃から発生しているソフトバンクの通信障害が復旧した。復旧時刻は18時4分。影響地域は全国。(2018/12/6)

ソフトバンク「午後6時から徐々に復旧予定」 原因はLTE交換設備
ソフトバンクは、12月6日午後1時半ごろから続く同社モバイル回線の通信障害について、「午後6時ごろから徐々に復旧予定だ」とコメントした。(2018/12/6)

ソフトバンクの障害で電子チケットが使えない? GLAYなどライブ前に注意呼び掛け
ソフトバンクの携帯電話サービスで発生している通信障害が、電子チケットサービスにも影響を与えている。(2018/12/6)

「公衆電話に行列」 ソフトバンクの通信障害で
午後1時半ごろに全国で発生し、今も復旧していないソフトバンクの携帯電話サービスの通信障害。電話がつながらないため、一部の公衆電話には行列ができているという。(2018/12/6)

「仕事にならない」 平日昼のソフトバンク大規模障害、Twitterが阿鼻叫喚
12月6日午後1時半ごろからソフトバンクの携帯電話サービスなどがつながりづらくなっている問題で、Twitterでは困惑するユーザーの声が相次いでいる。(2018/12/6)

ソフトバンクの通信障害、PayPayが関係? 臆測ツイート相次ぐ
PayPayのせいでソフトバンクの通信障害が発生したのではないかという臆測が飛んでいる。広報にコメントを求めた。(2018/12/6)

「ソフトバンク回線で119番通報がかかりづらい状況」 通信障害について東京消防庁が注意呼びかけ 
「緊急時には他社の固定電話か携帯電話で119番通報」(2018/12/6)

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話に通信障害発生 広報「エリアと復旧のめどは確認中」
障害発生中。(2018/12/6)

ソフトバンクで通信障害 「急に圏外に」報告相次ぐ
ソフトバンクの携帯電話サービスなどで12月6日午後1時半ごろから、通信障害が発生。ネット上では「急に圏外になった」といった報告が相次いだ。現在は復旧している。(2018/12/6)

ソフトバンクで通信障害が発生 「圏外」に【追記あり】
ソフトバンクで通信障害が発生。「圏外になる」という報告が相次いでいる。MVNOサービスにも影響が出ている。(2018/12/6)

ソフトバンクが都内で「28GHz帯」の5G実証実験を開始 商用サービスを前提に
ソフトバンクが28GHz帯を使った5G実験試験局の免許を取得。東京都内の3箇所で実証実験を開始した。従来よりも高周波数帯の電波を使って、商用サービスを見越した試験を行う。(2018/12/5)

注目のpaypayは:
スマホ決済、競争激化 ドコモは最大5千円、ソフトバンクは総額100億円……
スマートフォンのアプリを使って店頭などで支払いを済ませる「スマホ決済」サービスの競争が激化している。LINE(ライン)や楽天などIT系が先行していたが、今年に入ってNTTドコモが参戦。さらに10月に提供開始したソフトバンク系は、総額100億円還元という伝統芸“ばらまき”作戦を開始。スマホ決済ナンバーワンを目指す。出遅れたKDDI(au)やメルカリも巻き返しを図る。(2018/12/5)

店舗のQRコード決済導入を簡単に ソフトバンクがアプリ提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、店舗が簡単にQRコード決済を導入できるアプリ「S!can」(スキャン)の提供を12月中に始める。(2018/12/4)

ソフトバンク、店舗向けQR決済アプリ「S!can」提供 第1弾は「銀聯QRコード決済」に対応
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、12月中に店舗でのキャッシュレス決済を実現するQRコード決済アプリ「S!can(スキャン)」の提供を開始する。まずは第1弾として「銀聯QRコード決済」に対応し、今後も対応するQRコード決済サービスを拡充していく。(2018/12/4)

5.5型IGZOディスプレイ搭載のAndroid Oneスマホ「S5」 ソフトバンクとY!mobileから12月下旬以降に発売
ソフトバンクとY!mobile向けAndroid Oneスマートフォン「S5」が、12月下旬以降に発売。5.5型のIGZO液晶ディスプレイやリアルな色味や質感で撮影できるカメラを搭載し、耐衝撃性能や防水・防塵(じん)もサポートする。(2018/12/4)

総務省、ソフトバンクを厳重注意 不適切な端末購入補助で
総務省が、不適切な端末購入補助を行っていたととしてソフトバンクを厳重注意した。(2018/12/4)

総務省がソフトバンクに厳重注意 “不適切な端末購入補助”で
総務省が12月4日、ソフトバンクに対して、不適切な端末購入補助が行われていたとして、厳重注意を行った。ソフトバンクの一部の端末で、指針に沿わない不適切な端末購入補助が行われていることが判明した。ソフトバンク広報に詳細を確認した。【訂正】(2018/12/4)

ソフトバンクが12月21日から「学割放題」を提供 25歳以下のユーザーの月額料金を3カ月間割引
ソフトバンクが2019年シーズンの学割を12月21日から提供。適用可能な割引を最大限併用すると、「ウルトラギガモンスター+」や「ミニモンスター」の月額料金が契約翌月から3カ月間「0円」となる。(2018/12/4)

Pepper社会貢献、北米へ ソフトバンクが100体以上を学校に寄付
日本では2017年から始まっているPepper提供プログラムが北米での展開を始めた。(2018/12/4)

5Gコネクテッドカーの検証環境構築、ソフトバンクが世界初
ソフトバンクは、5Gを活用するコネクテッドカーの開発向け検証環境を世界で初めて構築し、商用化に向けた検証を11月から始めた。(2018/12/4)

スマホ決済、競争激化 ソフトバンクは伝統芸“ばらまき”開始 ドコモやKDDIも参戦
「スマホ決済」サービスの競争が激化している。LINEや楽天などが先行していたが、今年に入ってNTTドコモが参戦。さらに10月に提供開始したソフトバンク系は、総額100億円還元という伝統芸“ばらまき”作戦を開始。スマホ決済ナンバーワンを目指す。(2018/12/4)

車載情報機器:
商用に近い「日本初」の環境で5G検証、ホンダのテストコースで
ソフトバンクは2018年12月3日、本田技術研究所の北海道上川郡のテストコースに自動車で第5世代移動通信(5G)を活用するための検証環境を構築したと発表した。(2018/12/4)

スマホ写真でフォトブック作れる「Myフォト」 ソフトバンクが提供
ソフトバンクが、スマートフォンで撮影した写真からフォトブックを作れるサービス「Myフォト」の提供を始めた。(2018/12/3)

“5G×エッジコンピューティング”で人の動線をリアルタイム分析――ソフトバンクの「5G×IoT Studio」で展示開始
ソフトバンクとフューチャースタンダードは、5Gを活用して、カメラ映像をエッジコンピューティング上でリアルタイム処理し、人の動線を分析する「リアルタイム動線分析」のデモを発表。自律走行するロボットと連携させたデジタル広告と併せて、「5G×IoT Studio」のお台場ラボで展示する。(2018/12/3)

ビックカメラグループの「PayPay」決済 12月4日スタート 注意点もあり
ビックカメラグループ(ビックカメラ、ソフマップ、コジマ)の全店で、ソフトバンクとヤフーの合弁企業が提供するコード決済サービス「PayPay」が利用できるようになる。PayPayが実施する「100億円 あげちゃうキャンペーン」の対象にもなるが、注意すべき点もある。(2018/12/3)

携帯販売ランキング(11月19日〜11月25日):
「Xperia XZ3」はトップ10圏外に 「HUAWEI P20 lite」がAndroidで唯一のトップ10入り
1位はソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で5週目。前々回登場した「Xperia XZ3」はトップ10から姿を消したが、Y!mobileの「HUAWEI P20 lite」がiPhone勢によるトップ10独占を阻止。(2018/12/2)

5G×AIで何ができる? ソフトバンクがお台場でデモ
ソフトバンクが「5G×IoT Studio」お台場ラボをリニューアル。5Gの実験機器で技術検証ができるトライアル環境を企業向けに提供する施設で、ニーズが多かったというAI(人工知能)技術と5Gを組み合わせたデモなどを報道関係者に公開した。(2018/11/30)

ソフトバンクの「Xperia XZ2」がAndroid 9 Pieへバージョンアップ
ソフトバンクは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ2」をAndroid 9 Pieへバージョンアップした。カメラ機能の改善や3Dクリエーターへの機能追加、UIの変更などを行っている。(2018/11/30)

AIBO初代開発者、独自AI搭載の実用ロボ本格運用 Pepperを“転レンタル”
AIBOの初代開発責任者だった大槻正氏は、ソフトバンクの「Pepper」に独自の顔認識人工知能を積んだ接客・警備ロボットの本格運用を開始。さらに高度なサービスを開発中で、日本の実用ロボット市場拡大に期待がかかる。(2018/11/27)

100億円還元でナンバーワンの決済サービスへ PayPayが大攻勢を開始
「ユーザー数と店舗数の双方でナンバーワンを目指す」。PayPayの中山一郎CEOは、そう高々と宣言する。ソフトバンクグループの資金力を生かし、ユーザーに総額100億円相当ものPayPayボーナス(電子マネー)を還元する、大規模なキャンペーンを打つ。(2018/11/22)

総額100億円:
PayPay、支払額の20%+最大10万円を還元するキャンペーンを12月から実施
PayPayが、12月4日から1回の支払いにつき最大20%を還元するキャンペーンを実施する。12月4日から、全国のファミリーマート約1万7000店でPayPayが利用可能になる。ソフトバンクとY!mobileユーザーがさらにお得になる施策もある。(2018/11/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。