Opensignal、2024年4月版のモバイルネットワーク体感レポート公開 楽天モバイルがソフトバンクと首位争い

» 2024年04月24日 18時30分 公開

 英Opensignalは4月24日、2024年4月版「モバイル・ネットワーク・エクスペリエンス分析レポート」を公開した。今回のレポートの調査期間は2023年12月1日から2024年2月28日で、au、NTTドコモ、楽天モバイル、ソフトバンクのユーザー体感を分析している。

Opensignal モバイル・ネットワーク・ユーザー・エクスペリエンス・アワード

 前回レポートでNTTドコモとauが同時受賞した「ダウンロード・スピードに対するエクスペリエンス・アワード」を、今回はauが50.3Mbpsというスコアで独占した。楽天モバイルのOpensignalユーザーは、前回のレポートからダウンロード全体の平均速度が7.5Mbpsアップしている。

 楽天モバイルは、前回ソフトバンクが受賞していた「ゲーム・エクスペリエンス」部門で100点満点中84.2点を記録し、「音声アプリ・エクスペリエンス」部門でもNTTドコモを抑えてそれぞれ首位を獲得。「5Gアップロード・スピード」のほか、「5Gダウンロード・スピード・アワード」でも前回のレポートから33.6Mbpsアップで214.5Mbpsと大幅に向上している。

 NTTドコモは「利用率」賞の単独受賞を守り、「5Gカバレッジ・エクスペリエンス」賞も2回連続で受賞。ソフトバンクは「5Gビデオ・エクスペリエンス」「5Gライブ・ビデオ・エクスペリエンス」「5Gゲーム・エクスペリエンス」の3部門で単独首位を飾り、5Gサービスでの優位性を示している。

 楽天モバイルは地域別賞の4つの部門で単独29の賞、共同で37の賞を受賞。ソフトバンクは19の単独受賞と42の共同受賞で、大部分は5G部門に関係している。近畿圏ではauユーザーが日本最速のダウンロードスピード(56.8Mbps)を体感し、5Gサービスに接続する時間の割合が最も高いのはソフトバンク5Gユーザー(16.4%)となった。また、四国の楽天モバイルユーザーは全国で最も安定したサービス品質を享受している(86.7%)ことが分かった。

Opensignal 地域別受賞

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
  10. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年