ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「浅田真央」最新記事一覧

【孤高のD.I.Y.】川西 カラクリ屋敷の春本さん
世の中には、作らずにはいられない人たちがいる。役に立つとか評判になるとかを超越して、“自作”せずにはいられない人たちが。新連載「孤高のD.I.Y.」第1回。(2016/6/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
安藤美姫はよく批判されるのに、なぜ“売れっ子”なのか
元フィギュアスケートの世界女王・安藤美姫さんがスペインのリンクに登場した。プロフィギュアスケーターとして華やかな演技を見せたこともあって、海外メディアからは好意的な報道が目立った。しかし、母国の日本では彼女の評判はよくない。(2015/12/17)

「ものまねメイク」200人達成のざわちん、人気のメイクBEST10発表 2位は羽生結弦、1位は……
とはいえ、トップ10どれも似すぎでやっぱりすげぇ。(2015/12/15)

大会史上初、独占LIVE配信:
フジテレビ、大会初「全日本フィギュアスケート選手権2015」の滑走順抽選をインターネット生中継
フジテレビは、「全日本フィギュアスケート選手権2015」の滑走順抽選をライブ配信をする。大会前日の選手の緊迫感や表情も独占して伝えるという。(2015/11/19)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
NHK技研公開に見る8Kの“今”
毎年恒例のNHK技研公開が今年も5月の末に開催された。8K関連は「フル8K」プロジェクターやレーザーバックライトテレビ、家庭に入るサイズの8Kディスプレイなど盛りだくさん。画質と放送のご意見番、麻倉怜士氏はどうみたのか。(2015/6/17)

フィギュアスケート選手・浅田真央さんが現役続行を発表 達成感、喜びが味わえる「試合に戻りたい」
昨年5月から、引退を視野に入れた1年の休養期間に入っていました。(2015/5/18)

「まだできる」 浅田真央さん「試合復帰」を決意 ブログで「完全復活したい」
今季休養し、現役復帰の可能性を「ハーフハーフ」と語っていたフィギュアスケーターの浅田真央さんが18日、公式ブログで復帰に向けて練習しているとを明らかにした。(2015/5/18)

スピン経済の歩き方:
「レジリエンス」ブームとサントリーの微妙な関係
「レジリエンス」という言葉をご存じだろうか。心理学用語で「精神回復力」と訳され、欧米では古くから定着している。日本でもメディアが報じたことで話題になっているが、このブームはサントリーにとって“追い風”になるかもしれない。その理由は……。(2015/4/14)

BOOK☆WALKER、『まんがサイエンス』など学研グループ作品約2600点を新規配信
新規配信となるのは約2600点。配信中のものと合わせると3000点ほどに。「学研全タイトル コイン25倍還元!」キャンペーンも実施中。(2015/3/18)

窪田順生の時事日想:
仁義なきマットレス戦争を制する次のキーワードは何か
マットレス業界の競争が熾烈さを増している。ある会社は「低反発」のメリットをうたえば、別の会社は「高反発」のメリットを強調する。さらに別の会社は……といった感じで、言葉のイメージ争いを繰り広げているだけなのかもしれない。(2015/3/10)

能年玲奈、橋本環奈、桐谷美玲――2014年に一番雑誌の表紙を飾った女性有名人「雑誌の日」に発表
Fujisan.co.jpで取り扱っている約1万誌から、2014年1月1日〜12月31日までに発売された雑誌を対象に調査。(2015/2/27)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

スカパー! 4K専門チャンネルの編成決定
スカパーJSATが3月1日に開局する4K専門チャンネル「スカパー!4K 映画」と「スカパー!4K 総合」番組編成の追加情報を発表した。(2015/2/17)

2014 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 やっぱり強い「iPhone」 2ちゃんねる「転載禁止」やSTAP論文問題など
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。iPhone新機種や2ちゃんねるに関する話題のほか、STAP論文問題や遠隔操作ウイルス事件も注目を集めました。(2015/1/5)

写真展:
増田英次 スポーツ報道写真展(2007-2014)「アスリートの輝き」
(2014/10/1)

「Google Play ブックス」で学研グループの電子書籍約1700点が配信開始
ブックビヨンドが、学研グループの電子書籍約1700点を「Google Play ブックス」で配信開始。期間限定で『学研まんが日本の歴史』全17巻の半額セールも実施している。(2014/8/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
禅的マネジメントの実践──こだわりを捨て、集中し、仕事とひとつになり、愚直に努力する
チームがひとつになれば大きな力を発揮できるが、チームがバラバラでは力は発揮できない。(2014/8/25)

ブログで話題のアスリート、1位は浅田真央選手 アメブロ7年分11億件を分析
過去7年分のアメーバブログの約11億件の記事で最も多く言及されていたアスリートは、フィギュアスケートの浅田真央選手だった。(2014/4/25)

仕事をしたら“珍しい花”を見つけた(後編):
全く興味がなかったのに、なぜ「花の魔力」に取りつかれたのか
世界中の珍しい花を採りつづける――職業「プラントハンター」。あまり聞き慣れない仕事をしている西畠清順氏は学生時代、花には全く興味がなかったという。しかし、ある山を登って、そこで目にしたものは……。(2014/4/16)

「山田太郎」はフィンランド語だと? 自分の名前をフィンランド語変換してくれる「フィンジェネレーター」
浅田真央さんだと“本土の魅力的な森の神の娘”になるようです。(2014/3/14)

2月のTwitter話題ランキングはソチ五輪一色に
日本のTwitter上で2月に話題になったワードのトップ10のうち8件がソチ五輪関係だった。NECビッグローブ調査。(2014/3/7)

浅田真央選手の軌跡を描く朝日新聞デジタル「ラストダンス」ができるまで 新聞社にしかできないコンテンツ目指して
ソチ五輪・フィギュアスケート女子の試合終了直後、朝日新聞社のサイトに掲載された特設コンテンツ「浅田真央 ラストダンス」。浅田選手の言葉や歩みとともに、五輪での圧巻の演技を振り返る、ニュース性とデザイン性の高いコンテンツはSNSを中心に一気に拡散した。「新聞社にしかできないWebコンテンツを目指して」――制作の裏側を聞いた。(2014/3/7)

窪田順生の時事日想:
竹田恒泰さん、どうします? 東京五輪は「ヤクザ・オリンピック」だって
明治天皇の玄孫・竹田恒泰さんの発言が物議を醸している。五輪に出場した選手に「メダルは噛むな」などとツイートしたことで“炎上”。選手の振る舞いに注文をつけている間に、「こっちはどうなの?」という問題が出てきた。それは……。(2014/3/4)

Weekly Access Top10:
ビットコインはどこへ消えた? 「Mt.Gox」という名前の由来は意外に……
いろいろ解説記事を読みましたが、どういう仕組みなのかを理解するのがまず難しい……!(2014/3/3)

ソチ五輪の累計ツイート数は3810万 「僕の最初のメダル」 選手が現場から写真ツイートも
ソチ五輪期間中18日間の累計ツイート数が3810万に。最終日の23日は280万ツイートあったという。(2014/2/24)

ソチ五輪、検索数最多はあの選手 「レジェンド」検索も急増 Yahoo!検索データより
ソチ五輪期間中にもっとも検索されたのは、あの選手だった。「レジェンド」の検索数も急増した。(2014/2/24)

Weekly Access Top10:
ソチ五輪閉幕 夜更かしの日々にピリオド
17日間にわたるソチ五輪が閉幕しました。もう夜更かしの日々も終わり……のはずです。(2014/2/24)

「お疲れ様!」 浅田選手らフィギュア代表4人の笑顔、鈴木選手のTwitterに 「すでにソチロス」と織田信成さん
「ありがとうございました!お疲れ様!!」――浅田選手らフィギュア代表4人の笑顔の写真を、鈴木選手がTwitterに掲載。浅田選手の演技には、プルシェンコ選手ら世界のスケーターから賛辞が送られている。(2014/2/21)

浅田真央選手の熱演に日本が涙、世界のスケーターも涙──Twitterに投稿された感動のコメント集
浅田選手の演技に感動したのは日本だけじゃない……!(2014/2/21)

Twitterに「#maofight」誕生 浅田真央選手を海外の名スケーターたちが応援
ソチ五輪のSPでミスが相次ぎ16位となった浅田真央選手に対し、海外の有名スケーターたちがTwitterでエールを送っている。(2014/2/20)

「パリの散歩道」を緊急収録:
ユニバーサル、配信限定アルバム「フィギュア・スケート2014」を発売
ユニバーサル ミュージック合同会社は、フィギュア・スケート選手がシーズンごとに使用している楽曲の数々を収録したコンピレーションアルバム「フィギュア・スケート2014」を発売した。(2014/2/12)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
安藤美姫はどこへ行く?――韓国フィギュア界もラブコール
ソチ五輪の代表の座を射止められず現役を引退したミキティこと安藤美姫さん。彼女はなぜ育児と選手生活の両立を目指したのか? 彼女に今、韓国からコーチ就任の声がかかっているという。(2014/1/23)

学研、浅田真央選手の20歳から23歳までを描いた『浅田真央 そして、その瞬間へ』の予約開始
学研ホールディングスが、フィギュアスケート選手浅田真央の20歳から23歳までを描いた『浅田真央 そして、その瞬間へ』の予約販売を開始した。(2013/10/2)

急上昇した人は? 最も好きなスポーツ選手ランキング
最も好きなスポーツ選手は誰ですか? 20歳以上の男女に聞いたところ「イチロー」が9年連続でトップ。では昨年の結果から急上昇した人は? 中央調査社調べ。(2013/8/21)

全身3Dスキャンでアニキを再現 元阪神・金本選手の名シーンがフィギュアに
元阪神タイガース、金本知憲選手の「思い出に残る一打」が限定生産フィギュアとして発売される。(2013/4/8)

イメージの良いアスリート、オリンピック選手が上位に
CMにもしばしば起用されるアスリート。最もイメージの良いアスリートは野球のイチロー選手だった。博報堂DYメディアパートナーズ調べ。(2012/12/25)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(6):
板金のベテラン設計者になれる6つのステップとは
過去記事と今回の記事を読めば、ベテランの板金設計力の80%がカバーできる! それでは、100%カバーするためには、どんな知識が必要なの?(2012/11/16)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/21)

アスリートイメージの総合1位は「イチロー」、明るいのは?
博報堂DYメディアパートナーズは4月3日、「アスリートイメージ評価調査」を発表した。イメージ総合ランキングをみると、「イチロー」がトップだった。(2012/4/3)

フィギュアスケート選手の浅田真央さん フィギュアで完全再現
フィギュアスケート選手の浅田真央選手を1/6サイズのリアルフィギュアで完全再現した「DIGITALデジタル GRADEグレード MASTERマスター 浅田真央」が発売。2月3日より受注開始。(2012/2/2)

一部宣伝方法に著者の意にそぐわない部分:
ポプラ社、浅田真央さん初の著書を発売中止に
ポプラ社は、フィギュアスケートの浅田真央選手初の著書として来月発売予定だった『大丈夫、きっと明日はできる』の発売中止を発表した。「一部宣伝方法に著者ご本人の意にそぐわない部分」があったためだという。(2012/1/12)

ビジネスパーソンの35%、スマホを使っての学習に意欲
スマートフォンを使っての学習に興味がある人はどのくらいいるのだろうか。25〜45歳のビジネスパーソンに聞いたところ、35%がスマートフォンを活用して学ぶスタイルに意欲的であることが分かった。NTTナレッジ・スクウェア調べ。(2012/1/11)

出版業界ニュースフラッシュ 2011年12月第5週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。市場の今後を考えるヒントが隠されているかも?(2011/12/31)

ビジネスパーソンに聞く、一緒にトレーニングしたいアスリートは
あなたは誰と一緒にトレーニングをしたいですか? ビジネスパーソンに聞いたところ、男性アスリートでは「長友佑都(サッカー)」、女性では「高橋尚子(マラソン/タレント)」がトップだった。労務行政研究所調べ。(2011/10/11)

浅田真央の20年間の軌跡が電子書籍で――「浅田真央 さらなる高みへ」
学研ホールディングスは、iPhone/iPad向けに提供している電子書籍ストアアプリ「学研電子ストア」で、「浅田真央 さらなる高みへ」の配信を開始した。(2011/4/15)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(9):
技術にどう向き合うか――マーケ重視の韓国、モノ作り重視の日本
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2011/2/7)

2010年に感動したスポーツイベント、国際的な大会が上位に
(2010/12/13)

新入社員として部署に配属されてほしい有名人は?
今年の新入社員をどのように評価していますか? 会社の上司や先輩に聞いたところ「明るく元気なあいさつをしている」や「相手と目線を合わせて話ができる」といった点で高い評価を得ていることが分かった。労務行政研究所調べ。(2010/7/8)

最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手
(2010/6/10)

女子プロゴルファー有村智恵の夢、ウイダーが叶えます
ウイダーブランドを展開する森永製菓が、“有村智恵の夢を叶えるプロジェクト”を開始する。夢は賞金女王、そして海外ツアー制覇へ。(2010/4/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。