ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Ascend G7」最新記事一覧

CEATEC JAPAN 2014:
大きいけど軽くて薄い――「Ascend Mate7」をHuaweiブースで触ってきた
Huaweiの最新スマートフォン「Ascend Mate7」は、スペックの高さや画面サイズの大きさも際立っているが、思いのほか軽くて薄かった。CEATEC JAPAN 2014のHuaweiブースで実機を展示しているので、ぜひチェックしてほしい。(2014/10/8)

Ascend G6は想定以上に売れた:
SIMロックフリー市場の将来性は高い――「世界一」を目指すHuaweiの勝算
日本のSIMロックフリー市場に参入し、自社ブランドのスマートフォンやタブレットを続々と投入している中国のHuawei。ファーウェイ・ジャパンの副社長に、端末事業の戦略や、日本のSIMフリースマホ第1弾「Ascend G6」の反響を聞いた。(2014/10/3)

Mobile Weekly Top10:
“Android派”の皆さんはIFA 2014特集ページで新製品のおさらいを
「Xperia Z3」シリーズなど注目のAndroidスマホ・タブレットが発表されたIFA 2014。iPhone 6とApple Watchが発表されましたが、“Android派”の方は特集ページでおさらいしましょう。(2014/9/11)

IFA 2014:
世界シェア3位を目指すHuawei、“プレミアム”な6型モデル「Ascend Mate7」など3製品を発表
HuaweiはIFA 2014の開催前日、新製品発表会を開催した。発表された3モデルはいずれも本体に金属などを多用した高級感を持たせたモデルである。(2014/9/5)

IFA 2014:
Huawei、8コア+指紋センサー付きの6型「Ascend Mate 7」、5.5型の「Ascend G7」を発表
HuaweiがIFA 2014に先駆けて新型のスマートフォン「Ascend Mate 7」と「Ascend G7」を発表した。いずれも金属ボディを採用している。2014年9月以降に順次発売される。(2014/9/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。