ニュース
» 2014年09月05日 23時05分 UPDATE

IFA 2014:世界シェア3位を目指すHuawei、“プレミアム”な6型モデル「Ascend Mate7」など3製品を発表 (1/3)

HuaweiはIFA 2014の開催前日、新製品発表会を開催した。発表された3モデルはいずれも本体に金属などを多用した高級感を持たせたモデルである。

[山根康宏,ITmedia]

 中Huaweiは9月4日(現地時間)、IFA 2014の開幕に合わせてドイツ・ベルリン市内で新製品発表会を開催。6型液晶を搭載したプレミアムファブレット「Ascend Mate7」、5.5型液晶の普及モデル「Ascend G7」、そして現行モデル「Ascend P7」にサファイアガラスを採用した新バージョンという3製品を発表した。

販売台数は3年で4倍に スマートフォン世界シェア1位の座も狙う

 発表会に登壇した同社コンシューマービジネス部門のリチャード・ユーCEOはまず、Huawei製スマートフォンの販売動向について説明した。

 同社が全世界で販売したスマートフォンの台数は、2013年が5200万台、そして2014年は8000万台を目標にしているとのこと。2011年が2000万台だったことから、わずか3年で販売台を4倍に伸ばしたことになる。これは同社が相手先ブランドでのスマートフォン販売をやめ、自社ブランド販売に切り替えたことも大きく寄与している。今では世界中の通信事業者や量販店で見かける同社のスマートフォンには全て“HUAWEI”のロゴが入っている。

 2013年のマーケットシェアは6.9%で、これは韓Samsung、米Appleに次いで第3位に位置している。だがリーCEOは「2位、そして1位の座も狙っていきたい」とさらなる成長に自信を見せた。その目標に現実味があることは、世界各地域の販売数の伸びを見ればうなづけるかもしれない。中東とアフリカでは前年比550%、ラテンアメリカでは275%と新興国では急成長を見せている。また先進国の多いヨーロッパでも120%と、着実に数を伸ばしている。

photophoto 新製品発表会が行われたベルリンのMax-Schmeling-Halleh(写真=左)。Huawei Deviceのコンシューマービジネス部門CEO、リチャード・ユー氏(写真=右)
photophoto スマートフォンの販売台数は3年で4倍に。2014年は8000万台を目指す(写真=左)。世界シェアは6.9%で第3位、さらに上位も狙う

 そして今後は、スマートフォンの販売拡大のため、「製品」「ブランド」「パートーナー」という3つのポイントに重点を置くことを明らかにした。その中でも製品については、より高品質な素材と流行のデザインの採用、そして高級感のあるプレミアムな製品の企画など、従来のHuaweiとは異なるイメージの製品を増やしていくという。ちなみに今回発表された3製品は、いずれもプレミアム感を強調した、まさしくHuaweiの今後の方向性に沿った製品である。

 2つめのブランドについては、サッカークラブとの提携やスポンサードなどを広げ、若い世代向けにHuaweiという会社の知名度を広げる活動を進める。最後のパートナーは世界各国に販売店を増やし、商品の認知を年々高めているとのこと。だが最も重要なのはこれら3つのポイントではなく、顧客の満足度の高い製品を作り続けていくこと、すなわち顧客第一の考えを常に持ち続けることだという。

photophoto 製品拡販のための3つのポイント(写真=左)。質感やデザインを高めた製品でブランドを強化する考え(写真=右)
photophoto サッカークラブとの協業も進めて(写真=左)。小売店の数も増やしているという

サファイアガラスを採用した「Ascned P7 Sapphire Edition」

 最初に発表された「Ascend P7 Sapphire Edition」は、6月にパリで発表された「Ascend P7」のスペシャル版で、ディスプレイパネルにサファイアガラスを採用したモデル。背面側にもセラミック素材を使い、表裏ともにキズに強くなっているのが特徴だ。

photophoto 今回発表となった3製品(写真=左)。日本でも販売が始まったAsecnd P7そのスペシャル版が「Ascend P7 Sapphire Edition」だ(写真=右)

 ポケットの中に鍵やコインなどと一緒に乱雑に入れても、キズが付くことはないという。サイドの金属フレームもローズゴールドカラーとし、高級感を高めている。

photophoto Ascend P7 Sapphire Editionはサファイアガラスを採用、もう画面上に保護フィルムを貼る必要はない(写真=左)。背面もセラミックとなり、表も裏もキズが付きにくくなった(写真=右)

 発表会のステージ上でリーCEOは、実際に同製品の両面にカッターを強く何度も当てるデモを行った。もちろん画面上に傷が付くことはなく、高級感と耐久性という2つの特徴を合わせ持った製品であることをアピールしていた。なお、残念ながら発表会後のタッチ&トライコーナーに実機の展示はなく、その質感を確かめることはできなかった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.