ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「華為技術(Huawei)」最新記事一覧

関連キーワード

NifMo、3周年記念キャンペーン開催 データ容量プレゼントやスマホ最大50%オフセールほか
ニフティが、11月20日に「NifMo」3周年記念キャンペーンを開始。公式Twitterやデータ容量のプレゼント、人気端末の最大50%オフセール、機種変更手数料の無料キャンペーンを行う。また、12月上旬には端末ラインアップに「AQUOS sense lite SH-M05」を追加する。(2017/11/20)

ディープラーニングモデルのオープンフォーマットのエコシステムが拡大:
AWS、MicrosoftやFacebookなどが推すAIフォーマット「ONNX」をサポート
ディープラーニングモデルのオープンフォーマット「ONNX」をサポートする、MicrosoftやFacebookなどの企業グループにAmazon Web Services(AWS)が加わった。(2017/11/20)

19インチラック×3Uで24kW出力の製品も:
PR:標準AC-DC電源でも“カスタマイズ”できる! モジュール式の採用で柔軟な構成が可能に
幅広い用途で使うAC-DC電源は、機器設計者のニーズに合わせて出力電力を調整できる柔軟性が求められている。アーティセン・エンベデッド・テクノロジーズは、モジュール式を採用することで、より自由に、しかも素早くカスタマイズできる標準のAC-DC電源を豊富に取りそろえている。(2017/11/20)

Apple、Samsung、Amazon.comなど
タブレットメーカー“ビッグ5” 決算が示す次の製品戦略
大手タブレットメーカー5社は第3四半期(2017年7〜9月期)にタブレットの出荷台数を増やした。これは何を意味するのか。Apple、Samsung、Amazon.com、Huawei、Microsoftの動向を探る。(2017/11/19)

携帯販売ランキング(11月6日〜11月12日):
「Xperia XZ1」発売、総合ランキングのiPhone独占を崩す
「iPhone X」発売後2回目の総合ランキング、au「iPhone X(256GB)」がトップに。しかし「Xperia XZ1 SOV36」と「HUAWEI P10 lite」が食い込み、iPhone勢のトップ10独占はならなかった。(2017/11/18)

盛り上がりを見せるハイエンドスマートフォン市場
「Huawei Mate 10」「Mate 10 Pro」で分かったユーザーが“最強スマホ”に求めるスペック
Huaweiが発表した「Huawei Mate 10」と「Huawei Mate 10 Pro」は同社史上最も強力なデバイスだ。外観やカメラ、防水、AIとあらゆる機能を高水準で備えた本機を徹底レビューする。(2017/11/18)

「Mobile Pwn2Own 2017」レポート
「iPhone」を無線LANにつなぐだけでデータ流出の恐れ――脆弱性発見コンテストで判明
脆弱性発見コンテストの「Mobile Pwn2Own 2017」では、セキュリティ研究者がコードの実行と賞金の獲得を目指して腕を競った。中でも注目すべきは、「iOS 11」の脆弱性を突いたハッキングが成功したことだ。(2017/11/17)

2017年度上期のスマホ出荷台数は前年比12.9%増 SIMフリーはHuaweiがシェア1位
MM総研は、2017年度上期(2017年4月〜9月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表。総出荷台数は前年比7.6%増の1634.6万台と過去最低を記録した昨年度上期からV字回復し、スマートフォン出荷台数は前年同期比12.9%増の1373.6万台で、2012年度上期に次ぐ2番目を記録した。(2017/11/16)

MVNOに聞く:
「ほぼ黒転が見えています」 トーンモバイルがMVNO事業で生き残れている理由
単体で利益を上げるのが難しいといわれているMVNO業界で、着実に成長しているトーンモバイル。同社が利益を上げている秘密はどこにあるのか? 石田宏樹社長に話を聞いた。(2017/11/16)

ITはみ出しコラム:
iPhone Xは「1年で今はできないことができるようになる」 Appleデザイン責任者が発言
ホームボタンをなくした「iPhone X」は、従来モデルとの比較に目が行きがちですが、まだまだ真の実力を隠しているのかもしれません。(2017/11/12)

Huawei×ライカ協業の舞台裏 「絶望的状況」から「P9」完成までの道のり
Huaweiのハイエンドスマートフォンには、ライカと共同開発したカメラを採用している。2社はなぜタッグを組むことを決めたのか? ライカ品質のカメラはどんな過程を経て完成したのか? Huaweiが披露した開発ストーリーを紹介する。(2017/11/10)

「Spigenジャパン8周年記念イベント」開催 アクセサリー15%オフや日替わりタイムセールなど
Spigenは、公式ストアでSpigenジャパンの8周年を記念した「Spigenジャパン8周年記念イベント」を開催。8周年にちなんで「8」がつく端末のアクセサリー15%オフやプレゼントが当たるハッシュタグイベント、日替わりタイムセールを行う。(2017/11/10)

調査リポート:
「iPhone 8 Plus」の7〜9月期の出荷台数は「iPhone 8」超え──Canalys調べ
Canalysが7〜9月期の世界スマートフォン市場調査の結果を発表した。Appleが9月に発売した「iPhone 8/8 Plus」の初速は昨年の「iPhone 7/7 Plus」には届かなかった。メーカー別ランキングは前期から動きはなかった。(2017/11/10)

「iPhone X」のカメラ、DxOMark総合評価は「Pixel 2」に1点差で届かず
Googleの「Pixel 2」に98点という過去最高得点を与えたカメラレビューサイトDoXMarkが、Appleの「iPhone X」には97点という評価を下した。静止画(スチル)は101点だが、動画撮影で評価を下げた。(2017/11/7)

ドコモとファーウェイ:
4.5GHz帯で5G URLLCの屋外実証実験に成功
NTTドコモとHUAWEI(ファーウェイ)は、4.5GHz帯で初めて第5世代移動通信(5G)の高信頼低遅延通信(URLLC)の屋外実験に成功した。(2017/11/7)

携帯販売ランキング(10月23日〜10月29日):
「Galaxy Note8」発売でランキングはどうなった?
総合ランキングは「iPhone 8」の発売以来1位を続けてきたau「iPhone 8(64GB)」に替わって、ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が首位に立った。(2017/11/4)

ロボットを5Gで遠隔操作 ソフトバンクとファーウェイ、来年実証実験
2020年の実用化を目指す第5世代移動通信方式の技術を活用してロボットを遠隔操作する実証実験に乗り出す。(2017/11/2)

「顔認証」と「虹彩認証」はどう違うのか
iPhone Xが採用した顔認証とは? スマホ向け生体認証技術の種類と特徴を見る
モバイルデバイスへの搭載が進んで身近になった生体認証技術だが、その特徴を正しく理解できている人は多くないだろう。主要技術である指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証について簡潔に紹介する。(2017/11/2)

Android、Windows用は周回遅れ?
iPhone初期設定を“ゼロタッチ”に、担当者がほれ込むApple純正プロビジョニングツール
IT部門担当者の業務は多岐にわたり、デバイスの初期設定もその1つだ。AppleやGoogleではその作業を支援するプロビジョニングの仕組みを提供しているが、他に比べてAppleは非常に魅力的だという。(2017/11/2)

PR:徹底検証 HUAWEI P10/P10 Plusはスマホカメラの不満を解消できるのか?
スマートフォンのカメラでうまく撮るのが難しいシーンといえば「暗所」や「逆光」。HUAWEI P10/P10 Plusといえば、人物を美しく撮影できるカメラ機能に定評があるが、スマホが苦手なシーンでも高いクオリティーの一枚を残せる。その実力が本物かを検証した。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/11/2)

ソフトバンクとファーウェイ、5Gでつながるロボット目指し実証実験
5Gの活用により、ロボットの価格が下がる可能性も。(2017/11/1)

調査レポート:
「iPhone 8」発売のAppleが中国市場で復調──Canalys調べ
中国市場で6四半期連続で出荷台数の前年同期比減が続いたAppleが、7〜9月期は「iPhone 8/8 Plus」が好調でプラスになった。メーカー別ランキングでは5位の座を守った。(2017/10/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Meituスマホの日本上陸も近い? 渋谷で見かけたアノ広告
渋谷駅で、中国のスマートフォンメーカー、Meituの広告を発見。といってもアプリの広告ですが、スマートフォンのイラストも掲載されていました。ひょっとしたらMeituスマホの日本上陸があるかも?(2017/10/29)

携帯販売ランキング(10月16日〜10月22日):
総合ランキング、トップ3を各キャリアの「iPhone 8(64GB)」が分け合う
総合ランキングは前回同様「iPhone 8」と「iPhone 7」がひしめく中、「HUAWEI P10 lite」が順位を上げた。(2017/10/28)

中古スマホ販売/買取ランキング:
「iPhone 6」がさらに上昇 SIMフリーは「HUAWEI P9 lite」が人気 ゲオ9月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。ドコモは販売と買い取りどちらも「iPhone 6」が1位。SIMフリーは「HUAWEI P9 lite」が販売と買い取りで1位に上昇した。(2017/10/25)

「高齢寄りの男性」と「老若男女」を狙う――UQコミュニケーションズの2017年秋冬モデル
UQ mobileは2017年秋冬商戦向けスマートフォンを2機種発表した。これらの機種は、どのような狙いを持って投入されるのだろうか。(2017/10/23)

めちゃくちゃリアルな「フナ」のマルチフィッシュケース登場 5.2インチのスマホが収納可能
ファスナーを開けると中身もリアル。真のお魚好きに。(2017/10/23)

携帯販売ランキング(10月9日〜10月15日):
今回も「HUAWEI P10 lite」が「iPhone 8/7」による総合ランキング独占を阻止
前回に続いて「HUAWEI P10 lite」が「iPhone 8」と「iPhone 7」によるトップ10独占を破った。(2017/10/21)

AIチップ搭載でさらに賢く Huawei「Mate 10」「Mate 10 Pro」はココが変わった
Huaweiが新型スマートフォン「Mate 10」と「Mate 10 Pro」を発表した。従来の「P10」や「Mate 9」から何が変わったのか? 発表会の現地レポートをお届けする。(2017/10/20)

4096段階筆圧検知の「arrows Tab」と防水防塵に対応した「dtab」
NTTドコモは、2017年冬モデルのタブレットを発表した。(2017/10/18)

ソフトバンクが冬春モデルを発表 「Xperia XZ1」や「AQUOS R compact」など4機種
ソフトバンクが2017〜18年冬春モデルを発表。ラインアップは「Xperia XZ1」「AQUOS R compact」「MediaPad M3 Lite s」「DIGNOケータイ2」の4機種。「AQUOS R」の新色も追加する。(2017/10/17)

AIプロセッサを搭載:
Huaweiが「Mate 10」「Mate 10 Pro」を発表 Proは日本でも発売予定
Huaweiの「Mate」シリーズに新モデルが登場する。AI処理に対応するプロセッサ「Kirin 970」を初採用し、それを生かした新機能も複数搭載されている。(2017/10/16)

ファーウェイ、「HUAWEI P10」のソフトウェアアップデートを実施 端末セキュリティを強化
ファーウェイは「HUAWEI P10」のソフトウェアアップデートを実施。Google セキュリティパッチによる端末セキュリティの強化などを行う。(2017/10/16)

Mobile Weekly Top10:
帰ってきた“EDGEST”/まもなくドコモの発表会
シャープが新スマートフォン「AQUOS R Compact」を発表しました。同社の特色だった三辺超狭額縁の「EDGEST」を久々に採用する機種となりますが、ちょっと気になる点もあります。(2017/10/16)

ビデオ通話に重点
「Skype for Business Online」の「Microsoft Teams」移行に色めき立つパートナー企業
MicrosoftはSkype for Business OnlineをMicrosoft Teamsに統合する計画を発表した。同社のパートナー企業は早速、関連製品を公開している。(2017/10/16)

携帯販売ランキング(10月2日〜10月8日):
「iPhone 8」と「iPhone 7」による総合ランキング独占を崩した端末は?
「iPhone 8/8 Plus」発売3週目。au(KDDI)「iPhone 8(64GB)」が総合ランキングトップを続けるが、「iPhone 8」「iPhone 7」によるトップ10独占は早くも崩れた。(2017/10/14)

中古スマホ販売/買取ランキング:
iPhone 7/7 Plusが買い取りランキング上位に ゲオ8月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。8月もiPhone 5s/6(3キャリア)の販売と買い取りが好調な一方で、iPhone 7/7 Plusの買い取りも増えているようだ。(2017/10/13)

実は似ているHuaweiの「honor 9」と「P10」、どちらを選ぶべき?
Huaweiの「honor 9」が10月12日に発売される。ハードウェアスペックは「P10」と似ている部分が多い。2機種は何が違うのか?(2017/10/11)

エックスモバイルが設立4周年 サービス名変更、iPhone 7/7 Plus発売も
エックスモバイルは、2017年10月10日に設立から4年を迎えた。同日からサービス名称を「もしもシークス」から社名である「エックスモバイル(X-Mobile)」に変更し、iPhone 7/7 Plusなどを提供開始する。(2017/10/10)

デュアルカメラ搭載で5万3800円 Huaweiが「honor 9」を10月12日に発売【更新】
Huaweiが「honor 9」を10月12日に発売する。曲面ガラスボディーにデュアルカメラを搭載。楽天以外のMVNOも取り扱う。(2017/10/10)

太陽光:
SBエナジーが長野県に1.3MWのメガソーラー、427世帯分を発電
SBエナジーが長野県佐久市に建設していたメガソーラーが完成。出力規模は1.3MWで、一般家庭約427世帯分に相当する年間発電量を見込んでいる。(2017/10/10)

石野純也のMobile Eye:
「Google Home」と「Clova WAVE」は何が違う? 2社の戦略を読み解く
スマートスピーカー「Google Home」と「Clova WAVE」が発表された。そもそもスマートスピーカーとは? また2製品は何が違うのか? 各社の戦略を読み解いていく。(2017/10/7)

MVNOに聞く:
申込数は「想定通り」、内容には「賛否両論あった」 IIJmio「コミコミセット」の狙い
IIJが、「IIJmio」で端末と通信費をセットにした「コミコミセット」を開始。IIJ側でチョイスした端末とSIMカードをセットで契約することで、1年目の料金が1880円からと安くなる。まだトライアルの段階だが、IIJにはどのような狙いがあるのだろうか。(2017/10/6)

SIMロックフリー:
「HUAWEI nova lite for Y!mobile」が10月12日発売 アプリとネットワーク対応を最適化
従来、日本ではMVNO限定販売だった「HUAWEI nova lite」が、Y!mobileからも発売される。プリインストールアプリと対応通信規格がY!mobileに最適化されていることが大きな特徴だ。(2017/10/5)

イマジネーションテクノロジーズ PowerVR 2NX NNA:
組み込みAIの性能密度が2倍以上に、「PowerVR」の新IP
イマジネーションが学習済みニューラルネットワーク(NN)の推論実行処理に特化したハードウェアIPを発表した。処理性能は、競合他社DSPと専用H/W IPを組み合わせたものに比べて2倍、NNの処理に最適化したDSPと比べて8倍に達する。(2017/10/3)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 8 Plusのカメラはどう?/キャリア端末も「SIMフリー」な韓国
iPhone 8 Plusは、カメラ機能にiPhone 7 Plusからいくつか変更点があります。暗い所や赤・青の発色も良くなっています。(2017/10/2)

中国で“Apple離れ”進む その理由は
Appleが中国市場で苦境に。シェアが下落し、“対中戦略”の建て直しに躍起になっている。(2017/10/2)

OPNFVディレクターに聞く:
OPNFV、通信事業者はオープンソースをどう受け入れつつあるか
OPNFVはLinux Foundationのプロジェクトの1つだが、ユニークな側面を持っている。通信事業者を中心としたNFVの要件を踏まえ、関連するオープンソースプロジェクトがこれらの要件を満たせるように、コーディネーションや検証を進める活動をしている。OPNFVのディレクターであるヘザー・カークシー氏に、OPNFVの現状を聞いた。(2017/10/2)

“X待ち”の影響は? BCNが「iPhone 8/8 Plus」の5日間の販売台数を分析
間もなく発売から1週間を迎える「iPhone 8」と「iPhone 8」。BCNが9月22日から5日間の販売状況の速報を公表した。11月に「iPhone X」の発売を控える中、2機種の販売状況はどうだったのだろうか。(2017/9/29)

GPUとの組み合わせで効率化:
NVIDIA、AI推論ソフト「TensorRT 3」を発表
NVIDIAが新しいAI推論ソフトウェア「TensorRT 3」を発表した。GPUと組み合わせて、高速かつ効率的な推論を目指すという。(2017/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。