ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「指紋認証」最新記事一覧

側面の指紋センサーで簡単操作 気品あふれる大人スマホ「arrows NX F-01K」
12月上旬に発売予定の「arrows NX F-01K」は、画面操作にも使える指紋認証センサー「Exlider(エクスライダー)」を新たに搭載。画面割れに強いタフネスボディーやIris Passport(虹彩認証)といった先代でも好評だった要素も引き継いでより使いやすいスマホに仕上がっている。(2017/10/18)

ITりてらしぃのすゝめ:
「iPhone X」の顔認証は指紋より安全? 「生体認証」のキホンと誤解
「iPhone X」で搭載される顔認証機能「Face ID」は、指紋認証の「Touch ID」と比べて安全なのか? 生体認証の基礎知識を学んでいきましょう。(2017/10/5)

指紋認証だけで決済可能 訪日客向け「タッチアンドペイ」運用再開
訪日外国人が指紋認証を活用してさまざまな決済サービスを受けることができる。(2017/10/2)

ラトック、Windows Hello専用のUSB直挿し指紋センサー
ラトックシステムは、USBポートに直接挿して使える小型指紋認証センサー「SREX-FSU4H」を発表した。(2017/9/5)

シャープ、3辺挟額縁「Aquos S2」を中国で発売へ
シャープが画面占有率84.95%の3辺挟額縁端末「Aquos S2」を中国で8月14日に発売する。価格は2499元(約4万円)から。5.5型ディスプレイの下部に指紋センサーを備える。(2017/8/10)

手持ちのPCでWindows hello指紋認証が可能になるUSB指紋認証リーダー
サードウェーブデジノスは、Windows Helloに対応した USB指紋認証リーダー「Diginnos DG-UA1」の販売を開始した。(2017/8/3)

Microsoft、指紋認証センサー付きBluetoothキーボード発売 129.99ドル
米Microsoftが、指紋認証センサー付きBluetoothキーボードとマウスを米国、カナダ、中国のMicrosoftストアで発売した。(2017/7/28)

MWC上海2017:
画面で指紋認証、デュアルカメラ、富裕層向けスマホ 中国の最新モバイルトレンド
6月27日〜7月1日に開催された「Mobile World congress Shanghai 2017」に出展している多くが中国企業。今や世界最大のスマホ生産国ともいえる中国の現在を知るうえでは、注目すべき展示も多かった。筆者が気になったデバイスやサービスを紹介していこう。(2017/7/6)

iPhone 8は顔認証機能を搭載? 海外メディアから相次ぐうわさ
うわさ通りであれば、物理ホームボタン廃止に伴い指紋認証も廃され、代わりに顔認証が採用されることに。(2017/7/4)

Qualcommの次世代超音波指紋認証センサー搭載端末、Vivoが披露
Qualcommが、OLEDディスプレイやアルミニウムの下に埋め込める次世代超音波指紋認証センサー「Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表した。MWC Shanghaiで中国Vivoがこのセンターをディスプレイに埋め込んだ「XPlay 6」(未発売)を披露している。(2017/6/29)

おサイフケータイ対応のAndroid One「X1」、6月30日発売 一括6万5300円
Y!mobileのAndroid Oneスマートフォン「X1」が、6月30日に発売される。おサイフケータイや指紋認証に対応。ディスプレイは5.3型フルHDを搭載する。(2017/6/22)

Microsoft、指紋認証センサー付きBluetoothキーボード発売へ
米Microsoftが、指紋認証センサー付きBluetoothキーボードを近日発売する。価格は129.99ドル。(2017/6/19)

Thermaltakeから指紋認証センサーを内蔵したUSBゲーミングマウスが発売
アスクは、Thermaltake製となるUSBゲーミングマウス「BLACK FP」の取り扱いを開始する。(2017/6/9)

Y!mobileからAndroid Oneの上位モデル「X1」登場 おサイフケータイ、Googleアシスタントにも対応
ソフトバンクが、Y!mobileブランドのAndroid One新機種「X1」を6月下旬に発売する。従来の「S」シリーズよりも高いスペックが特徴。おサイフケータイや指紋センサーに対応する。(2017/5/31)

8.4型WQXGAディスプレイ+指紋センサー搭載 「dtab Compact d-01J」
ドコモがタブレット「dtab Compact d-01J」を5月下旬に発売する。8.4型WQXGA(1600×2560ピクセル)液晶や指紋センサーを搭載。Microsoft Officeをプリインストールしている。(2017/5/24)

「Galaxy S8」の虹彩認証、「写真でだませた」と独ハッキンググループ
かつて「iPhone 5s」の指紋認証を破ったハッキンググループCCCが、今度は「Galaxy S8」の虹彩認証を、Samsungのプリンタで出力した目の写真とコンタクトレンズでだませたとして動画を公開した。(2017/5/24)

指紋認証付ノートブック「LOOKBOOK」登場 紙のメモ帳にもデジタルなセキュリティ
アナログの秘密をデジタルで守る。(2017/4/23)

IT用語解説系マンガ:食べ超(112):
指紋認証は穴だらけ!? 生体認証はオーラと魂が最適
ミミズだって、アメンボだって、生体認証にパスしています。(2017/3/29)

マウス、Windows Hello対応顔認証カメラなど2製品を米Amazon.comにて販売
マウスコンピューターは、Windows Hello対応顔認証カメラ/USB指紋認証リーダーの販売を米Amazon.comで開始した。(2017/3/22)

SIM通:
自分好みにできるSIMフリースマホ「NuAns Neo[Reloaded]」登場!
トリニティは、昨年発売したWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」のOSをAndroidに変更した「NuAns NEO [Reloaded]」を発表。従来のカバーやフリップケースなどをそのまま利用可能で、新たにおサイフケータイや指紋認証に対応する。(2017/3/10)

上海問屋、USBポートに直挿しできる“Windows Hello”対応の指紋認証リーダー
ドスパラは、USBコネクタ一体型のコンパクト指紋認証センサー「DN-914727」の取り扱いを開始した。(2017/3/6)

1万円台で5.2型フルHD液晶、指紋センサーを搭載――「HUAWEI nova lite」【更新】
ファーウェイ・ジャパンが「HUAWEI nova lite」を2月24日に発売する。5.2型フルHD液晶、指紋センサー、1200万画素カメラ、3000mAhバッテリーを搭載する。価格はMVNOによって異なる。(2017/2/21)

2017年PC/タブレット春モデル:
「dynabook RX」の2017年春モデルが登場 第7世代Coreプロセッサを採用
dynabookのモバイルノートPC「dynabook RX」シリーズに、CPUを第7世代 Coreプロセッサに刷新した新モデルが登場する。CPUをCeleronにし、光学ドライブや指紋認証センサーを省くなどして廉価にした「ネットPC」も発売する。(2017/1/23)

“Galaxy S8”の画像、ケースメーカーからリーク 指紋認証はどこで?
Samsungの次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」とみられるレンダリング画像が、ケースメーカーからリークしたと米BGRが画像付きで報じた。ホームボタンがなく、背面にも指紋センサーがない。(2017/1/12)

個人でも購入可能、指紋センサーを搭載した4.7型「TOUGHPAD」が登場
パナソニック システムネットワークスがタフネススマホ「TOUGHPAD」の新機種を発売する。ドコモとKDDIの法人向けだが、パナソニックストアでは個人でも購入できる。従来機からバーコードリーダーを省き、指紋センサーを搭載した。(2016/11/24)

5.5型フルHD液晶+指紋センサー搭載の「ZenFone 3 Laser」、11月26日発売
ASUSが、ZenFone 3シリーズの最新製品「ZenFone 3 Laser」を11月26日に発売する。5.5型フルHD液晶、3000mAhバッテリー、指紋センサーを搭載。各MVNOも取り扱い開始する。(2016/11/22)

NEC GAZIRU個体識別サービス:
シリアルナンバーやタグも不要な個品管理、製造素材の「指紋」で実現
製造時に自然発生する「指紋」で個体を認証する「物体指紋認証技術」を利用した製造業向け個体識別サービスをNECが提供開始した。撮影するだけでの個品識別が可能となるため、柔軟なトレーサビリティを実現する。(2016/10/31)

Apple、新型「MacBook Pro」発表 タッチバー搭載、指紋認証をサポート
指紋認証「Touch ID」に対応する「MacBook Pro」を米Appleが発表した。(2016/10/28)

今秋日本上陸とのうわさ:
Google、「Android Pay」でのオンライン決済を可能に VisaおよびMastercardとの提携で
日本で「Apple Pay」が使えるようになった日、Googleはモバイル決済サービス「Android Pay」でのオンラインショッピングを可能にした。VisaとMastercardのオンライン決済アプリに対応するWebサイトでは、Android端末の指紋認証だけで決済できる。(2016/10/25)

兄弟(姉妹)機:
IGZO液晶+指紋センサー搭載の「AQUOS EVER SH-02J」「Disney Mobile on docomo DM-01J」
ドコモのミドルレンジスマホ「AQUOS EVER」に新モデルが登場する。ディスプレイがIGZO液晶になり、指紋認証センサーを備え、防水に加えて防塵(じん)にも対応した。また、新AQUOS EVERをベースとする「Disney Mobile on docomo」の新機種も登場する。(2016/10/19)

VR搭載スマホ「IDOL4」、2万1800円の「SHINE LITE」がTCLから登場 au VoLTEにも対応
Alcatelブランドの新型スマートフォン「IDOL4」と「SHINE LITE」が日本で発売される。IDOL4はVRゴーグルが標準で付属しており、カメラやオーディオ機能にもこだわった。SHINE LITEは2万円台前半ながら両面ガラスボディーや指紋センサーを採用した。(2016/10/12)

マウス、Windows Helloに対応した顔認証カメラ/指紋認証リーダーの販売を開始
マウスコンピューターは、Windows Hello機能でのログインに対応する外付け型顔認証カメラ/指紋認証リーダーを発表した。(2016/10/6)

指紋・手のひら認証で決済 訪日外国人向けに 経産省が実証実験
指紋認証や手のひら認証を使った訪日外国人向けの決済サービス「おもてなしプラットフォーム」の実証実験を、経産省が10月に始める。(2016/9/29)

LTE/3Gの同時待受+指紋センサー対応――5.5型のSIMフリー「ZTE BLADE V7 MAX」、9月22日発売
ZTEジャパンが、9月22日に「BLADE V7 MAX」を発売する。7.2mmのボディーに5.5型ディスプレイや3000mAhバッテリーを搭載。日本では数少ないLTE/3Gの同時待受もサポートしている。(2016/9/9)

DMS2016:
NECが福島で実証中の「物体指紋認証」とは、プリント基板を横から見ると……
NECは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、「ものづくり見える化ソリューション」の1つである「物体指紋認証による個体識別」のデモンストレーションを披露した。(2016/6/28)

ZTE、指紋認証対応の「BLADE V7 Lite」と低価格モデル「BLADE E01」を7月中旬発売
ZTEが「BLADE V7 Lite」「BLADE E01」を7月中旬に発売する。実売価格はBLADE V7 Liteが2万円台前半、BLADE E01が1万円台半ば。(2016/6/15)

2016年PC/タブレット夏モデル:
東芝、モバイルノートPCでSSDや指紋認証搭載モデルなど選べるラインアップ強化――「dynabook RX73/V」
東芝が、2016年夏モデルとしてモバイルノートPCの新モデルを発表した。13.3型の「dynabook RX73/V」は選べる構成を増強する。(2016/4/14)

精度も違うよ:
動画で検証:iPhone SEと6sの指紋認証、速度はどれだけ違う?
iPhone SEに搭載されているのは、最新版ではない「第1世代Touch ID」。iPhone 6sなどに採用されている第2世代と比べて、どれくらい認証速度に差があるのか試してみた。(2016/4/1)

身近なあの機械で指紋認証をごまかせる?
スマートフォンに導入され始めた指紋認証だが、本人の指でなくても認証できた、という報告がある。その方法とは……。(2016/3/18)

2016年に「日本のSIMフリーでシェア3位」を目指すZTE――「Blade V580」がその起爆剤になる?
ZTEが3月25日に発売するSIMフリースマホ「ZTE Blade V580」は、5.5型フルHD液晶や指紋センサーを搭載しながら税別2万円台を実現。同社は2016年中に、日本のSIMフリー市場でシェア3位を目指す。Blade V580がその起爆剤となるか?(2016/3/17)

PR:メタルボディ+指紋センサー搭載で3万円台――高コスパスマホ「HUAWEI GR5」の魅力に迫る
現在、さまざまなSIMロックフリースマホが発売されているが、中でもオススメしたいのが、「HUAWEI GR5」だ。5.5型のフルHD液晶、メタルボディ、指紋センサーを搭載しながら3万円台という安さを実現。SIMロックフリー端末への乗り換え候補に挙げたい。(提供:ファーウェイ・ジャパン株式会社)(2016/3/18)

通常の英字配列タイプカラーも全国量販店で発売:
Surface Pro 4の「指紋センサー付きタイプカバー」は3月18日発売
日本マイクロソフトは、Surface Pro 4用キーボード兼カバー「タイプカバー」のラインアップに指紋認証センサー付きモデルを追加する。(2016/3/8)

Surface Pro 4/Pro 3で使える指紋センサー付きType Cover、日本国内でも発売
米Microsoftが、指紋センサー付きType Coverの「Surface Pro 4 Type Cover with Fingerprint ID」を日本を含む26カ国で発売する。(2016/3/3)

Mobile World Congress 2016:
Xiaomi、Snapdragon 820搭載ハイエンド端末「Mi 5」を発表 約3万5000円から
Xiaomi(小米科技)が18カ月ぶりに新フラッグシップ端末を発表した。「Mi 5」のハイエンドモデルはSnapdragon 820(2.15GHz)を搭載し、5.15型の曲面ディプレイ、指紋認証をサポートするホームボタンを備え、価格は2699元(約4万6000円)。3月に中国で発売する。(2016/2/25)

便利で安全な世界を実現
iPhoneの指紋認証は使いづらくない? 生体認証の次の進化を占う
スマートフォンやタブレットに搭載されることが増えている「生体認証」。最新技術では、個人の顔や超えも認識できるようになってきている。生体認証が持つ弱点と併せて、最新動向を紹介する。(2016/2/18)

学生や新社会人がターゲット:
ファーウェイ、指紋センサー付き大画面スマホ「Huawei GR5」を2月12日発売 想定価格は3万4800円
ファーウェイが新しいミドルレンジスマホを発売する。5.5型フルHD液晶、1300万画素アウトカメラと指紋センサーを搭載しながらも、想定価格を3万円台半ばに抑えたことが特徴だ。(2016/1/29)

PR:Androidの最新OS×ファーウェイの最新技術が織りなす至高の一台――「Nexus 6P」登場
ファーウェイが製造した「Nexus 6P」は、Googleの最新OS「Android 6.0 Marshmallow」をいち早く体験できるモデルだ。高速でロックを解除できる指紋センサーや、暗い場所でも鮮明に撮影できるカメラも特徴だ。本機の魅力をひもといていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン株式会社)(2015/12/14)

Surface Pro 4とWindows 10 Mobileがついに登場:
PR:顔認証や音声アシスタント、ペン描画を活用したUniversal Windows Platformアプリ開発の魅力に迫る
日本マイクロソフトは11月20日に都内で「1日でWindows 10に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン〜 Windows 10 UWP Workshop」を開催。4つのWindows 10 Mobile端末やSurface Pro 4、カメラの顔認識や指紋認証による生体認証機能「Windows Hello」、音声認識アシスタント「Cortana」とアプリの連携など、Windows 10の特長を生かしたアプリ開発の魅力を紹介する。(2015/12/14)

生体認証はスタンダードになるか
iPhoneのロック解除、指紋認証「Touch ID」とパスコードのどちらが安全?
モバイル端末のロック解除方法として、顔認識や指紋認証などの生体認証技術と、パスワードを組み合わせた多要素認証に注目が集まっている。アプリ単位でのロック解除も可能だ。(2015/12/10)

スマートファクトリー:
物体指紋認証技術でプリント基板を個体管理、NECが実証事例をデモ
NECのユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2015」では、同社の福島工場で実証実験を進めている、物体指紋認証技術によるプリント基板の個体管理やIoTを活用した品質管理の参考デモを披露した。(2015/11/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。